あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬がトイレをなかなか覚えない時の3つの大事な理由と対策とは?

 

何をするにも、愛くるしい子犬を見ているとトイレを覚えないことすら、愛おしく見える事もあるのではないでしょうか。

 

とは、いっても子犬の間にトイレを覚えてもらわないと、大きくなってからも、いつまでもトイレを覚えなくなりますので、早い段階でトイレを覚えて欲しいものですね。

 

今回は、子犬がなぜトイレを覚えないのかについて、考えて見ましょう。

 

			

スポンサードリンク






 

子犬は吸収する力が早いはず!

 

 

基本的に、成犬より、子犬のほうが覚える能力は優れていますので、トイレのしつけなどでも、成犬よりは簡単に覚えてくれますが、子犬でもトイレを覚えないのには何かしらの理由がある事になりますよね。

 

様々な理由があるとは思いますが、中でも

・まだ理解できない

・ケージからすぐに出す

・しつけられていると思っていない

などが多くの原因ではないでしょうか。

 

では、順を追って見て行きましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まだ理解できない

 

犬を飼われていて、家で子犬の誕生を向かえる方も多いと思いますが、犬を飼われている方であれば、子犬のしつけの時期もだいたい理解している事と思います。

 

何らかの事情で、生まれてすぐの子犬を迎え入れた場合や、もしくは今では少ないと思いますが、捨て犬などを拾った場合など、犬を飼うのが始めてだとすれば、子犬のしつけの時期はわからない事が多いでしょう。

 

いくら、子犬のしつけは早くからと言っても、生後2ヶ月未満の子犬は、しつけには適していませんので、それだけは覚えておきましょう。

 

生まれたばかりの子犬はまだ何もわからないし、寝るのがお仕事です。

 

トイレも母犬がいれば、母犬が処理してくれますが、母犬がいなければ、自分ではトイレに行くという事も出来ないので、飼い主様がトイレに連れていってあげる事になります。

 

この場合には、トイレを覚えないのではなく、まだ理解できる段階ではないという事になりますので、ある程度育ってからしつけを行うようにしましょう。

 

ケージからすぐに出す

 

室内で子犬を飼われていれば、トイレをケージの中に設置してしつけを行う場合も多いと思います。

 

ですが、トイレのしつけを行ってる間に、子犬が甘え泣きをしたり、要求泣きをしたりして、かわいいからとすぐにケージやサークルから出してしまえば、子犬は違う場所にトイレをしてしまいます。

 

トイレのしつけをケージやサークルの中で行っている時は、子犬がトイレをし終わるまで、ケージからは出さないようにしましょう。

 

また、ケージやサークルを使わずにトイレシートだけでしつけを行う際にも、子犬がトイレを覚えるまでは、トイレシートの上に連れて行き、トイレをし終わるまで見張っている事も大切です。

参考

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

 

我が家の愛犬は、トイレシートのみでトイレのしつけをしましたが、トイレをなかなか覚えないと言うよりは、勝手に移動して、トイレをする時に間に合わなくて失敗するという事が多かったと思います。

 

トイレを覚えないのとトイレを失敗するのでは、意味が違いますが、覚えないと思ってた事が失敗していたという場合もありますので、子犬がトイレを覚えないのか、単に失敗しているのかを見極めて、正しい対応をしていきましょう。

 

しつけられていると思っていない

 

子犬は、とても愛くるしくて、飼い主様もしつけをしていてもつい、甘やかしてしまったり、途中で中断してしまったりする事も多いのではないでしょうか。

 

ただ、しつけの際に甘やかしていたり、途中で中断してしまったりすれば、子犬は「ここがトイレだと教えられている」とは思わないでしょう。

 

これでは、いつまでたっても子犬はトイレを覚えないのは当然ですから、トイレを覚えさせたいのであれば、しっかりとしつけとして、教えてあげるようにしましょう。

 

えらそうな事を言っていますが、我が家の場合もまだ小さかった息子が愛犬を溺愛していた為に、私がトイレのしつけをしている間、「かわいそうだから」とか、「まだ小さいんだから」とか言って、トイレのしつけが中断されることが多々ありました。

 

それでも何とか、トイレを覚えてくれたのですが、子犬がトイレを覚えないのには、飼い主様の接し方にも問題があると言う事も、覚えておいて下さいね。

 

また、粗相をしたからと言って怒ることは、子犬の性格を捻じ曲げてしまいますので、怒ることはやめて、愛情をもって叱るようにしましょう。

参考

⇒犬がトイレに失敗した時に絶対に怒るのことがダメな3つの理由とは?

⇒犬がトイレを失敗した時の正しい愛情を持った3つの叱る方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

せっかく、子犬の間に家に迎え入れたのですから、成犬で迎えるよりは、簡単に済みますし、飲み込みが早いので、トイレのしつけだけではなく、基本的なしつけは出来るだけ子犬の間に、済ませて置くようにしましょう。

 

子犬のかわいさに負けて、あまやかしてしまう時もあるとは思いますが、トイレのしつけ中は、かわいさに負けないように、頑張って見ましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬がトイレをきちんとしない時のしつけの5つの正しい直し方とは?

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

⇒犬がトイレに失敗した時に絶対に怒るのことがダメな3つの理由とは?

⇒犬がトイレを失敗した時の正しい愛情を持った3つの叱る方法とは?

⇒犬のトイレトレーニングが成犬では難しいと言われる3つの理由とは?

⇒犬のトイレトレーニングを早く覚えさせる為の5つのやり方とは?

⇒子犬に3週間で覚えさせる簡単なトイレトレーニングしつけ方法とは?

⇒犬がトイレをきちんとしない時のしつけの5つの正しい直し方とは?

⇒犬のしつけ!トイレを成犬で覚えさせるコツとは?

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す