あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬のトイレの回数が少ない時に疑うべき深刻な3つの原因とは?

 

子犬を飼われている方は、子犬のトイレの回数が気になったことはありませんか。

 

子犬は成犬よりも体は小さいですが、トイレの回数は成犬よりも多いのが一般的ですが、何となく子犬のトイレの回数が少ないと思ったら要注意です。

 

今回は、子犬のトイレの回数が少ない時の問題点を見ていきましょう。

			

スポンサードリンク






子犬のトイレの回数は?

 

 

子犬のトイレの回数は、子犬の月齢によっても異なってきますが、一般的にはお水を飲んだり、ご飯を食べたりした後は必ずトイレに行きたくなります。

 

1回のおしっこの量も少ないので、1時間~2時間で1回はトイレに行くという感じでしょう。

 

お水も普通に飲んでいるのに、トイレに行く回数が少なければ、何らかの病気の可能性もあります。

 

・膀胱炎

・急性腎不全

・精神的なもの

などがあります。

 

 

それでは順を追って見て行きましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

膀胱炎

 

膀胱炎は何らかの細菌によって、尿道に炎症が起こり、おしっこをする時に痛がったり、おしっこをしたいのになかなかでなかったりしてしまう病気です。

 

オスの犬よりもメスの犬の方がかかりやすいと言われています。

 

我が家の愛犬も、成犬になってから、1度だけ膀胱炎になった事がありましたが、すぐに病院に連れて行ったので、1日で治った事があります。

 

早めの治療で、ひどくなる前に治すことも出来ますので、子犬のおしっこの回数が少ないようだったり、おしっこをチビチビとするようであれば、膀胱炎を疑って見たほうがいいでしょう。

 

急性腎不全

 

膀胱炎がひどくなったり、何らかの影響で急性腎不全を起こす可能性もあります。

 

子犬のおしっこの回数が少ないのと同時に、吐いたりする事もあるでしょう。

 

また、子犬にとってよくない食べ物などを食べてしまった場合なども、中毒症状として、トイレの回数が少なくなる場合もありますので、トイレの回数が少ないだけでなく、いつもと違う様子だったら、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

参考

⇒犬の飼い方!エサで愛犬に絶対に与えてはいけない危険なもの6選!

 

精神的なもの

 

何らかの原因で、トイレの回数が少ない場合、病気などの疑いがない場合、精神的な影響がある可能性もあります。

 

子犬にとって、精神的に不安定になるような事などがなかったか、トイレを我慢せざるをえない状況ではなかったかを、少し考えて見ましょう。

参考

⇒犬がトイレに失敗した時に絶対に怒るのことがダメな3つの理由とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬のトイレの回数が少ないのは、放置しておけば最悪命に関わる場合も少なくないです。

 

先にも書いたように、子犬は成犬に比べて、トイレの回数は多くなりますので、いつもよりトイレの回数が少ないようであれば、早めに病院に連れて行ってあげて下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬の飼い方!エサで愛犬に絶対に与えてはいけない危険なもの6選!

⇒犬がトイレに失敗した時に絶対に怒るのことがダメな3つの理由とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す