あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

愛犬がトイレシートを食べるけど大丈夫?5つの重要な対処法とは?

 

犬がトイレシートを食べるのには、様々な問題があるのですが、トイレシートを食べるのは大丈夫なのでしょうか。

 

食べるといってもどのくらいの量を食べたのかで状況は変わってきますので、今回はトイレシートを食べた場合について分けて見ていきましょう。

 

			

スポンサードリンク






 

犬がトイレシートをどのくらい食べてしまったか?

 

 

我が家では、40年間何匹か犬を飼った経験がありますが、幸いにもどの子もトイレシートを食べる子はいませんでした。

 

それが普通で当たり前だと思っていたのですが、トイレシートを食べる子もいるというのを聞いて、万が一そういった状況になったら腸閉塞の危険性もありますので、慌ててすぐに病院に連れて行ってしまうでしょう。

 

日中とかであれば、病院も開いていますが、夜中など病院が開いていない場合には、いてもたってもいられなくなってしまいますよね。

 

飼い主様が慌てない為にも、どのくらいの量を食べてしまったのか、大丈夫な場合と大丈夫ではない場合について見ていきましょう。

・食べたのではなく、噛んだり破いたりしただけの場合

・食べたのではなく、口の中に入ってしまっただけの場合

・極少量

・大量

・どのくらい食べたのか分からない

 

合わせてこちらの記事も参考にどうぞ。

⇒犬がトイレシートを食べる時に愛犬があなたに訴える3つの原因とは?

⇒犬がトイレシートを食べた場合あなたができる最善の3つの対処法は?

 

それでは、順を追って実際に見て行きましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

食べたのではなく、噛んだり破いたりしただけの場合

 

この場合には、もちろん犬がトイレシートを食べた訳ではないので大丈夫ですよね。

 

とは、いってもトイレシートを噛んだり破いたりするのは、トイレのしつけにも影響が出てきますし、トイレの役割を果たさないので、トイレ周りやお部屋も汚れてしまいます。

 

早い段階で、しっかりとしつけを行うようにしましょう。

参考

⇒子犬が飼主に訴えるトイレシートを噛む3つの重要な理由と対策とは?

⇒犬がトイレシートを破る時にあなたに訴える愛犬の3つの気持ちとは?

 

食べたのではなく、口の中に入ってしまっただけの場合

 

この場合も、食べたのではなく口の中に入ってしまっただけなので、大丈夫ですが、犬が自分で出せない場合や、ビニール部分が口の中に張り付いてしまった場合などは、取ってあげなければいけません。

 

その際、口の中に手を入れられるのを嫌がる子などは、逃げたり噛んだりしてしまう場合もありますし、間違って飲み込んでしまう可能性も考えられますので、十分気をつけなければいけませんね。

 

極少量

 

極少量であれば、後で便をした時に一緒に出てきますので大丈夫でしょう。

 

ただし、ちゃんとトイレシートが出てきたかの確認はするようにして下さいね。

 

大量

 

大量にトイレシートを食べる子は、まずいないと思いますが、大型犬などお口が大きければ間違って、飲み込んでしまう場合も考えられます。

 

この場合には要注意です。

 

トイレシートは水分を吸収するようになっていますから、大量に食べてしまえば、胃や腸で詰まってしまったり、便として排出出来なくなったりしてしまいます。

 

最悪、お腹を切って取り出す手術などをしなければ命に関わってしまいますので、すぐに病院に連れて行きましょう。

 

どのくらい食べたのか分からない

 

犬がどのくらいの量のトイレシートを食べたのか分からない場合も、注意が必要になります。

 

様子を見て便と一緒に出てきてくれれば大丈夫なのですが、排出されないようであれば、胃や腸に詰まっている可能性が高くなります。

 

また、食べたのか食べていないのか分からないような場合には、念のため1日程様子を見てもいいのですが、万が一大量に飲み込んでしまっている可能性も考えられますので、病院に連れて行った方が安心ですね。

 

ある程度は、トイレシートを見れば、食べた量は検討がつくと思いますので、慌てずにトイレシートをチェックしてから、それでも判断がつかなかったり、愛犬の様子がいつもと違うような場合には、様子を見続けるのではなく病院で診察してもらいましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

基本的には、犬がトイレシートを食べるのは、口の中に入っただけとか、少量の場合であれば大丈夫なのですが、量が多かったり、どのくらい食べたのか分からなければ要注意です。

 

1番の問題は犬がトイレシートを食べるのが、大丈夫とかという事ではなく、食べる事をさせないようにする事が大切ですから、愛犬がトイレシートを食べるような事があれば、すぐに治すようにしましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬がトイレシートを食べた場合あなたができる最善の3つの対処法は?

⇒犬がトイレトレーを噛む時にあなたに訴える3つの大事な理由とは?

⇒犬がトイレシートを破る時にあなたに訴える愛犬の3つの気持ちとは?

⇒子犬が飼主に訴えるトイレシートを噛む3つの重要な理由と対策とは?

⇒犬があなたに訴えるトイレシートを噛む大事な3つの理由と対策とは?

⇒犬のトイレシートの臭いのを防ぐ絶対にチェックする3つの対策とは?

⇒犬のトイレシートの覚えておくべき1日5回の交換タイミングとは?

⇒犬の3つの大きさ別のトイレシートの交換頻度の目安と節約術とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す