あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬の飼い方!最初にかかる11の基本的な費用とおおよその総額とは?

犬 飼い方 費用01.1

 

犬の飼い方の初歩となる部分はやはり費用の問題ですよね。

 

犬を迎え入れるのにも費用がかかりますし、育てていくのも費用がかかります。

 

我が家の犬はペットショップで購入しましたが、定価180,000円が何と48,000円でした。

 

なぜかと言うと生後10ヶ月になっていて乳歯が抜けていなかったのです。

 

売れ残りって事ですね。

 

なぜかその犬に一目ぼれをした息子がいて、抱っこさせてもらった息子はすでに名前を決めていてその名前で呼んでいました・・・

 

とりあえずその日は何とか家に連れて帰ったのですが次の日には我が家にいましたね・・・

 

ペットショップでこの犬は食が細くておとなしい犬ですと言われましたが当たり前ですよね。乳歯がほぼ抜けてなくて残ってる上に永久歯が生えてきたわけですから、痛くてご飯が食べにくかったのです。

 

家に連れてくる前に真っ先に病院に行きました。

 

抜いた歯はなんと13本。次の日から元気に普通にご飯も食べてました。

 

			

スポンサードリンク






 

犬をどこから迎え入れるのか

 

犬 飼い方 費用02.1
出典:buyingpuppies.com

 

犬もペットショップから迎え入れれば当然費用がかかります。

 

その犬の月齢・血統などにもよって費用は変わってきます。

 

同じ犬種でも値段は違いますよね。

 

飼いたい犬種が決まったら色んな所を見て回るのもいいですね。

 

成犬でもいいのなら保健所や動物愛護団体などから引き取る方法もお勧めです。

参考

⇒犬の飼い方の注意点、保健所から引き取る場合に考える事とは?

 

犬をしっかりとした飼い方で飼えるのか生活状況などを聞かれると思いますが不幸になる犬を1匹でも多く救う為に考えてみるのもいいでしょう。

 

また子犬から飼うよりも飼い方が比較的楽に済む場合もあります。

 

トイレなどを覚えている犬もいますし、たとえ始めはすごく臆病でなかなか懐かなくて1度は心を閉ざしてしまった犬でも飼い主の飼い方1つで愛情を持って接してあげれば犬も心を開いてくれます。

 

 

スポンサードリンク





 

 

迎え入れる時の費用

 

犬の費用は当たり前ですがそれ以外にも費用はかかります。

 

・犬の登録

・狂犬病の予防接種

・健康診断

・ワクチン接種

などがあります。

 

これらの費用はすぐに必要になる物で費用も地域によって多少異なりますが2~3万円はかかると思った方がいいでしょう。

参考

⇒犬の飼い方!ワクチン接種の種類と必要性とは?

 

また、初めにそろえなければいけない物にも費用はかかりますよね。

 

・犬小屋

・ケージ

・サークル

・トイレ用品

・食器

・フード

・おやつ等

です。

 

犬種や室内か室外かでも変わってきますがこれらの費用も2~3万円はかかると思います。

参考

⇒犬の飼い方!最初に絶対に準備すべき5つの基本的なグッズとは?

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

⇒子犬の飼い方!餌を与える時に気を付ける7つの事とは?

 

 

毎年の予防接種

 

犬 飼い方 費用03.1
出典:www.pets4homes.co.uk

 

犬の飼い方の基本ですが毎年予防接種は必要になりますね。

 

狂犬病・フィラリア予防は必ずやらないといけませんよね。

 

また、健康診断・病気や怪我をした場合の治療費・手術費なども必要です。

 

これも地域や動物病院、犬の大きさなどによって値段は変わってきます。

 

信頼できる医師と通いやすい場所にある病院を探してあげる必要があります。

 

ペット保険の加入は、強くお勧めいたします。

 

犬の治療費・手術費は本当に病院によって様々です。

 

同じ内容の治療でも50,000円違うなんて事も結構多いです。

 

ペット保険に加入していれば万が一、大きな怪我や事故などで治療や手術をする場合でも費用の負担が少なくてすみますね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

日常でのご飯・おやつなど

 

これも当たり前の事ですが毎日のご飯・おやつの費用もかかります。

 

トイレトレーを使用する場合はトイレシートにも費用はかかりますね。

 

また、トリミング・爪きり・おもちゃなど数え上げたらキリがないですけど毎日必要な物の費用も毎月1~2万円は必要になるでしょう。

 

費用の心配ばかりしていては犬を飼う以前に何も出来なくなりますが初めから犬に費用はかけたくないというのであれば諦めて欲しいと思います。

 

費用がかかるのは当たり前、それでも幸せな生活を一緒に送ると決めたからには途中で何があっても最後まで一緒に生活していきましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬の飼い方でアパートで飼う上で3つの絶対に注意すべき要素とは?

⇒マンションでの犬の飼い方で5つの最低限は絶対に注意すべき事とは?

⇒犬の飼い方!最初に絶対に準備すべき5つの基本的なグッズとは?

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

⇒子犬の飼い方! 一人暮らしで飼う場合に覚えてほしい3つの事とは?

⇒犬の飼い方で初心者によくある4つの問題点と考えるべき対処法とは?

⇒犬の飼い方で初日に犬を迎えた時に気を付ける4つの重要な事とは?

⇒室内での犬の飼い方で初心者が最初に絶対に注意すべき3つの事とは?

⇒犬の飼い方で一人暮らしの人が絶対に注意すべき5つのポイントとは?

⇒犬の飼い方ではじめて飼う時の3つの最初に覚えておくべき事とは?

⇒犬の飼い方!水を与えるときに気を付ける事とは?

⇒犬の飼い方!ワクチン接種の種類と必要性とは?

⇒子犬の飼い方!餌を与える時に気を付ける7つの事とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す