あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

愛犬が老犬になって散歩中歩かない時にあなたに訴える3つの理由は?

 

老犬の犬を飼われている方は、今まで元気だった頃と、だいぶ散歩の仕方が変わる事に気がつくと思いますが、皆様は老犬の犬との散歩を楽しんでいますか。

 

老犬の犬でも、飼い主との散歩を楽しみにしている子も多いですし、少しでも長生きしてもらう為に、適度な散歩はいいですね。

 

今回は老犬の犬が散歩で歩かない時の理由について、考えてみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

老犬の犬はこんな理由で歩かない!?

 

 

一般的に老犬の犬とは、大型犬で7歳から、小型犬で10歳くらいからと言われています。

 

個体差はもちろんありますが、日に日に寝てばかりいる事が増えたり、散歩も歩かない以前にあまり行きたがらないようになってくる子も多いでしょう。

 

我が家の場合は、もともとさほど散歩は好きではなかった為、老犬になってからはほぼ家の中で過ごしていましたが、たまに外に出て風にあたるという感じでした。

 

老犬の犬が、散歩で歩かない理由として

・体力の衰え

・聴力、視力の低下

・歩きたくても歩けない

などがあるので、見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

体力の衰え

 

老犬の犬は、成犬に比べれば足腰も弱っていますし、散歩の時も以前より長くは歩かないというよりも、歩けないようになってきます。

 

それでも散歩を好きな子は沢山いますので、その子のペースに合わせて、散歩の距離を短くしたり、足腰に負担のかからないような場所を歩かせたりしてあげる事で、犬も喜ぶでしょう。

 

聴力・視力の低下

 

老犬の犬になると、聴力や視力も衰えてきますので、散歩をしていても周りの音が聞き取れなかったり、障害物などが見えなかったりしてぶつかってしまう事もあります。

 

だんだんと、不自由さを感じるようになってきますので、歩かないようにもなります。

 

老犬の犬との散歩は、人通りや車などがあまり通らない静かな場所や、障害物などがない広い場所などがいいですね。

 

歩きたくても歩けない

 

内臓などに病気を抱えていれば、体の調子が悪くて思うように歩けないようになってしまいます。

 

内臓の病気は、目に見えないですし、飼い主が気がつきにくいのですぐには分からない事が多いのですが、こまめに愛犬の様子を見ていれば、いつもと違う様子に気がついてあげる事もできますので、毎日のチェックはかかさないようにしましょう。

参考

⇒犬が散歩中に歩かない時に考えられる3つの重大な病気等の原因とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

老犬の犬は、体力、気力と、成犬の頃よりははるかに衰えを感じてしまいますが、それでも老犬の犬なりに、飼い主との散歩を楽しんでいる事でしょう。

 

老犬の犬との散歩は、飼い主が今まで以上に気を配ってあげながら、歩かない時など無理に歩かせようとはせず、ゆっくりと散歩をさせてあげて下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が初めての散歩で歩かない時にあなたに訴える3つの理由とは?

⇒犬が散歩中に歩かない時に考えられる3つの重大な病気等の原因とは?

⇒愛犬が散歩で歩かない時にあなたに訴える3つの大事な理由とは?

⇒犬が散歩で歩かない時に愛犬があなたに訴える3つの重要な原因とは?

⇒犬が散歩中に歩かない時に引きずる事が愛犬に危険な3つの理由とは?

⇒犬を散歩しない飼い主さんの絶対にやめるべき3つの理由とは?

⇒犬のしつけ!リードを使った散歩の時の簡単な訓練方法と選び方とは?

⇒犬のしつけ!愛犬に絶対に拾い食いさせない簡単な散歩のさせ方とは?

⇒犬のしつけ!引っ張ることを散歩中に止めさせる簡単なコツとは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す