あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

愛犬の散歩で寒い事を嫌がる場合に絶対にオススメの3つの方法とは?

 

人間でも、寒いのが苦手と言う方は多いと思いますが、犬も寒いのが苦手な子は多く、寒い日の散歩を嫌がる犬も多いです。

 

寒い日の散歩は、人間だけではなく、犬もなるべく負担が少なくなるように、しっかりと防寒対策をして、寒いから嫌がるのではなく、寒くても楽しい散歩ができるようにしてあげたいものですね。

 

今回は、寒いのが苦手で散歩を嫌がる愛犬のための防寒対策を見ていきましょう。

 

			

スポンサードリンク






 

寒くても散歩が楽しくなる

 

 

私も、我が家の愛犬も寒いのは苦手なので、寒い日は散歩どころか、布団から出るのも嫌がるような感じでしたが、中には寒いからと言って散歩をしない訳にはいかない犬も多いでしょう。

 

そこで、寒い日の散歩も嫌がるようなことがなく、楽しく散歩をできる為に、

・犬用防寒具

・帰宅後は体を温める

・時間調整

などについて、見ていきましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

犬用防寒具

 

ネットなどを見ていても、すごく可愛らしい服やかっこいいダウンなどがあって、見ているだけでも楽しくなりますが、犬用防寒具も数多くありますね。

 

ダッフルコートやダウンコート、ジャケットやポンチョなど、色も大きさも多種多様あるので、犬の体に合わせて選んであげられます。

 

中には、服を着るのを嫌がる犬も多いのですが、寒い時は案外嫌がるようなことはせずに、おとなしく着てくれる犬も少なくはありません。

 

どうしても嫌がるようであれば、無理に着せたりはしない方がいいのですが、寒い日の散歩が楽しくなる防寒具はとても便利ですね。

 

帰宅後は体を温める

 

寒いのがあまり苦手ではない犬の場合でも、散歩の後は体が冷えてしまいますので、散歩から帰ってきた後には、体を温めてあげましょう。

 

もし、体が濡れてしまっているようであれば、タオルで拭いてあげたりドライヤーなどでしっかりと乾かしてあげて、風邪などをひかせないように気をつけてあげましょう。

 

また、散歩に行く前にも、いきなり寒い外の長時間の散歩は、体に負担がかかってしまいますので、散歩に行く前に、軽く運動をさせたりするようにしましょう。

 

 

時間調整

 

寒い日の散歩は、出来るだけ日が差している時間を選んで行くのがいいでしょう。

 

1日中、雨が降っていたり雪が降っていたりするような日では、無理な場合がありますが、雨がやんで少し天気が回復してきたり、冬でも日が出ていて少し暖かくなるような日中とかに散歩に行くようにすれば、犬の負担も少なくなります。

参考

⇒犬と散歩する時間で冬に愛犬が訴える注意すべきな3つの時間帯とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

寒いのが苦手な犬は、小型の短毛種に多いのですが、我が家の愛犬みたいにりっぱなダブルコートを持っていても、寒いのが苦手な子もいます。

 

寒くて散歩を嫌がる場合には、あまり無理はさせないようにしましょう。

 

寒いからと言って、逆に暖かくしすぎても、犬が体温調整を出来なくなってしまう場合もありますので、ほどほどに。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が散歩を突然嫌がる時にあなたに訴える深刻な3つの原因とは?

⇒愛犬が散歩を嫌がる理由であなたに訴える3つの重要な内容とは?

⇒愛犬との散歩時間は食後すぐは絶対にしてはいけない3つの理由とは?

⇒愛犬との散歩時間を決めない方が良いと言われる意外な3つの理由は?

⇒犬の散歩時間と回数で愛犬が満足できる3つの犬種ごとの目安とは?

⇒犬の散歩時間と距離で愛犬が満足できる大きさ別の適切な目安とは?

⇒犬と散歩する時間で冬に愛犬が訴える注意すべきな3つの時間帯とは?

⇒愛犬と散歩する時間で夏にお勧めな3つの時間帯のメリットとは?

⇒愛犬と散歩する時の時間帯ごとの注意すべき3つのデメリットとは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す