あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のしつけ!エサを与える時に気を付ける重要な3つのこととは?

犬 しつけ エサ02

 

今回は犬のエサの時のしつけの仕方のお話です。

 

犬のしつけでエサの事については、他の記事でも少し書いていますが、エサのしつけといっても、色んな状況がありますよね。

 

勝手にエサを食べないしつけとか、エサをご褒美として使うしつけの仕方などがありますので、今回は、どんな時にエサを使ってしつけをするのかについて、書いてみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

エサを使ってのしつけの状況

 

犬 しつけ エサ01.1
出典:www.cesarsway.com

 

まずは、しつけの状況についてですが、エサを勝手に食べないしつけ・人間の食べ物を食べないようにするしつけ・拾い食いをしないしつけなどがありますよね。

 

また、慌ててエサを食べてしまう犬に、ゆっくり食べさせるしつけなどもあります。

 

我が家の愛犬は、食に対してはあまり興味がないというのも変ですが、自分が好きな時に好きなくらい食べれるようにしています。

 

家に迎え入れた時には、決まった時間に食べさせようと思ったのですが、あまりエサを食べてくれず、夏場など悪くしてしまうので方法を変えてみました。

 

いつものエサはウェットフードなのですが、お皿に出してあげるとなぜか食べてくれません。

 

ドライフードも与えてみたのですが、それもなかなか食べてくれず、エサを食べさせるのに苦労しました。

 

何でもいいから食べて欲しいと思ったので、時間も決めず愛犬が食べたい時に、あげるようにしてみました。

 

ウェットフードはそのままの状態で愛犬に渡すのですが、たいていしばらくは放置されています。

 

お腹がすけば開けようとするので、その時に蓋を開けてあげて食べさせていますが、半分くらい食べるとやめてしまいます。

 

食が細い犬だと、あまり食べないで残りは捨ててしまうからもったいないような気もしますが、仕方ないかなとあきらめています。

 

知り合いの犬は、エサを食べる時にクルクル周りながら食べるそうで、いつも急いで食べるからむせてしまうそうです。

 

しつけとは違うかもしれませんが、ゆっくり食べさせるために、ドライフードをゴム製のおもちゃのボールに入れて、少しずつ出てくる方法で、与えているそうです。

 

他のしつけ方法として、人間よりも先にエサを与えないしつけというのもあるみたいですが、個人的にはあまりお勧めはいたしません。

 

優先順位をつける為とか聞きますが、あまり意味はないと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

エサを食べている時に唸る場合は

 

犬 しつけ エサ04.1

出典:www.youtube.com

 

よく、エサを食べている時に手を出したりすれば、唸ったり怒ったりする犬がいると聞きます。

 

我が家の場合は横取りしても怒らないので、しつけをした事はないのですが、そういう場合にはまずは飼い主の手からエサを与えて、犬になれさせるしつけがいいと思います。

 

エサを食べているときは、落ち着いて食べさせてあげて欲しいのですが、やはり飼い主に唸るのはあまりいい事ではないので、出来ればやめさせたいですよね。

 

信頼関係が築ければ、エサを食べている時に飼い主が何をしても、唸ったり怒ったりしなくなりますので、がんばってしつけをしてみて下さいね。

参考

⇒犬のしつけ!エサを与える時に気を付けることとは?

 

 

エサの量はほどほどに

 

我が家の場合はエサを食べさせるのに苦労しましたが、中には食べ過ぎて困ってしまう犬の場合もあると思います。

 

そういう場合には、決められた時間に決められた量を与えるようにしつけを行わなければいけなくなりますね。

 

食べさせてあげたいと思っても、肥満になってしまったり、足腰に負担がかかってしまったりすれば、犬もかわいそうなので、飼い主も我慢してなるべく与えないようにしなければいけません。

 

犬が勝手にエサを食べないように、エサの袋などは手の届かない場所においたり、目に見えない場所に置いたりと工夫してみて下さい。

 

エサの時間以外は、欲求不満にならないように、適度な運動や遊びなどを十分にさせてあげて欲しいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

他のしつけ方法はこちらを参考に

 

エサは犬にとっても、楽しい時間だと思いますがので、ゆっくりと美味しく食べさせてあげたいですね。

 

他のエサのしつけに関しては、別記事で書いてありますので、一緒に参考にしてみて下さいね。

 

エサのしつけは、犬の健康を守るために必要な場合もありますので、状況に応じてしつけを行ってみて下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬の飼い方!餌を与える時に気を付ける7つの事とは?

⇒犬のしつけ!エサを与える時に気を付けることとは?

⇒犬の飼い方!甘噛みを直す、大事なしつけの仕方とは?

⇒犬のしつけ 、一緒に寝ることの良い点と悪い点とは?

⇒犬の「しつけ」はいつまで?年齢に関係無く「しつけ」る方法とは?

⇒犬のしつけは何歳から?年齢に関係無く、しつける方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す