あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

愛犬が散歩中に吠える事をやめさせる3つの簡単なしつけ方法とは?

 

愛犬と散歩をしていれば、急に人や他の犬などに吠える場合もあると思いますが、しっかりとしつけを行っていれば、そういった問題行動は起こさなくてすむようになります。

 

しつけといっても、何も厳しく教えるのではなく、日々の生活の中でも簡単にできるしつけ方法で問題はありません。

 

今回は、愛犬が散歩で吠えるのをやめさせる3つのしつけ方法について見ていきましょう。

			

スポンサードリンク






愛犬が散歩中に吠えさせないための3つのしつけ方法とは?

 

 

散歩をしていて、愛犬が吠える理由については、下記の記事で書きましたが、散歩中に犬が吠えるのには、あなたが理解しなければいけない理由があります。

 

その理由が分かっていなければ、しつけも難しくなりますよね。

参考

⇒愛犬が散歩中にあなたに知ってほしい3つの吠える理由と気持ちとは?

 

まずは、犬が散歩をしていて吠える時、何に対して吠えるのか、どんな場合に吠えるのかを把握しておくようにしましょう。

 

犬と散歩をしていて吠える場合、やめさせるしつけ方法として、

・アイコンタクト

・自信を持たせる

・信頼関係を築く

が主なしつけ方法となります。

 

それでは一つずつ解説していきます。

 

スポンサードリンク





 

 

しつけ方法1.アイコンタクト

 

散歩のしつけだけではなく、「アイコンタクト」は全てのしつけにおいて重要です。

 

愛犬とアイコンタクトが取れないようであれば、何のしつけをしても失敗してしまうでしょう。

 

犬は不思議と、飼い主の気持ちや言葉をしっかりと理解してくれますから、何も言わなくてもアイコンタクトで気持ちが通じ合うようになります。

 

散歩をしていても、アイコンタクトがしっかり出来ていれば、犬が吠えるのを事前に防げますので、出来るようになりましょう。

 

ちなみに、我が家の愛犬とはアイコンタクトは出来ていましたから、お互いにその時の気持ちは分かりあえていました。

 

何かをする前に、アイコンタクトで思いを伝える事は可能ですので、愛犬にこちらの気持ちを伝えるように、少しずつ教えて行きましょう。

 

まずは、あなたのご自宅内や、庭先で言葉を発しながら、「おいで」や「おすわり」といった芸を教えて、次はジェスチャー、それをマスターしたら、次はアイコンタクトと、徐々に難しくさせて行きます。

 

すぐに覚えさせることは、ほぼ不可能ですが、毎日繰り返していくうちに、愛犬もあなたの気持ちを察することができるようになってきます。

参考

⇒愛犬にアイコンタクトをしつける時に全力で覚えるべき3つのステップ

 

しつけ方法2.自信を持たせる

 

臆病な犬や、怖がりな犬は自分に自信がない場合が多いので、他の犬や人に対して恐怖心から散歩をしていても、吠える場合があります。

 

しつけとしてというよりも、まずは犬に自信を持たせてあげるようにしましょう。

 

自分に自信が持てるようになれば、恐怖心も和らいできますから、散歩をしていても他の人や犬などに対して、威嚇行動をしなくてもすむようになります。

 

まずは、他の犬や人と関りを多く持たせることから始め、徐々に、人や犬に慣れてくることができるようになれば、自信が持てるようになってきます。

 

また、愛犬が「おりこう」にしていたら、思いっきり褒めてあげることも大切です。

 

こちらも、日々の過ごし方で徐々に身に着くものですから、いきなりという訳にはいきません。

 

少しずつ愛犬に自信を持たせるようにしていきましょう。

 

しつけ方法3.信頼関係を築く

 

犬のしつけの基本として、信頼関係を築くのはとても重要なことです。

 

犬との信頼関係が築けていなければ、しつけをする事も出来ませんよね。

 

犬にとって飼い主は、自分を守ってくれる大切な存在でなければ、犬は飼い主を信頼できなくなります。

 

大切な愛犬に信用されていないのは、飼い主としても悲しくないでしょうか。

 

散歩のしつけ以前に、しっかりと信頼関係を築くように、飼い主としても愛情と責任を持って、犬に接するようにしていきましょう。

参考

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

犬が散歩をしていて吠えるのは、犬にとっても周りにとっても、いい事ではありませんので、早い段階でしつけを行うようにしましょう。

 

1度しっかりとしつけを行えば、後々散歩で吠えるなどの問題行動を起こす事も少なくなります。

 

自分の愛犬が他の人に迷惑をかけてしまうのは、飼い主としても嫌な気持ちになりますので、飼い主としてしつけは怠らないようにしましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が散歩中にあなたに知ってほしい3つの吠える理由と気持ちとは?

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒愛犬が散歩中に他の犬に吠える事を絶対にやめさせる3つの方法とは?

⇒愛犬が散歩に吠える時にあなたができる3つの簡単な対処法とは?

⇒愛犬が散歩中にあなたに知ってほしい3つの吠える理由と気持ちとは?

⇒犬のしつけで愛犬に吠えることを絶対させない簡単な散歩の仕方とは?

⇒犬の散歩をする時に愛犬にとって最も大事な3つのしつけ方法とは?

⇒犬が散歩中に歩かない震える時の飼主さんに訴える3つの理由とは?

⇒犬のしつけ!初心者が散歩の時に気を付ける基本的な3つの事とは?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒犬のしつけ!簡単に無駄吠えを無くすチェックすべき3つのコツとは?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す