あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が散歩を嫌がる時にあなたが絶対に試すべき3つの対処法とは?

 

この記事にたどり着いたあなたは、

「まさか、子犬が散歩を嫌がるなんて・・・」

と思われたことはありませんか?

 

子犬の中にはもともとの性格からあまり散歩が好きではない子や、何かの原因で、散歩を嫌がるようになったという事が多々あります。

 

子犬の時に、散歩を嫌がるようであれば、成犬になっても、そのまま散歩を嫌がるようになってしまいますので、きちんと「お散歩好き」にしておく必要があります。

 

今回は、散歩を嫌がる子犬を散歩好きにするための3つの対処法について解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

散歩を嫌がる子犬を散歩好きにするための3つの対処法とは?

 

 

我が家の愛犬も、子犬の頃はどちらかといえば、あまり散歩は好きではないほうでしたが、嫌がるという程ではありませんでした。

 

私もさほど、気にはしていなかったのですが、運動量が必要な子犬などでは、散歩を嫌がるようであれば、運動不足やストレスの原因にもなってしまいますので、お散歩好きに改善させていきました。

 

そこで、今回は子犬が散歩を嫌がるのを防ぐために

・外に慣れさせる

・抱っこして散歩する

・自由に遊ばせる

という対処法が初めの頃は有効ですので、一つずつ解説していきます。

 

 

その1.外に慣れさせる

 

室内犬の子犬の場合、部屋の中での生活が快適であれば、外に出るのを嫌がる子犬も少なくはありません。

 

また、臆病な性格の子などは、「風の音」や「車の音」などを怖がってしまう子も多いでしょう。

 

いきなり子犬を散歩に連れて行っても、ますます散歩を嫌がるようになるだけですから、まずは外に慣れさせる事からはじめてみましょう。

参考

⇒犬が散歩中に歩かない震える時の飼主さんに訴える3つの理由とは?

 

その2.抱っこして散歩する

 

だんだんと外の世界が分かってきても、まだ散歩を嫌がるようであれば、抱っこなどで散歩をするのもいいでしょう。

 

大型犬の子犬などの場合は、体格的に厳しいとも思いますが、抱っこをしながら歩いて途中で少し歩かせて見るなどを繰り返して行えば、だんだんと歩くことを嫌がらないようになります。

 

逆に、甘えん坊の子犬などは、抱っこをせがむようになってしまう場合もありますが、自分で歩く楽しさを少しずつ教えてあげましょう。

 

その2.自由に遊ばせる

 

散歩ではなくても、広い公園などで走り回るのは好きなのであれば、自由に遊ばせてあげるのもいいでしょう。

 

散歩の目的は、ストレス解消や運動不足の解消の訳ですから、子犬が十分な運動を出来ていたり、ストレスをめないのであれば、散歩にこだわる必要はあまりないのではないでしょうか?

 

ドッグランやお庭などで、遊ばせていると、徐々に普通の道も慣れてきますので、まずは、思い切り運動させてあげることを考えてあげてください。

 

もちろん、散歩が大好きなのであれば毎日連れて行ってあげて欲しいのですが、どうしても散歩は嫌がるというのであれば、公園やドッグランなどで遊ばせてあげるのもいいですね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が散歩を嫌がるのを防ぐ改善策を見ていきましたが、あくまでも子犬の健康上問題がない場合であることを忘れないでくださいね。

 

中には、体調が悪かったり、何らかの病気などが原因で散歩を嫌がる場合もありますので、子犬の様子をよく見てあげるようにしましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬のしつけ!散歩に慣れさせるコツとしつけ方とは?

⇒犬が散歩中に歩かない震える時の飼主さんに訴える3つの理由とは?

子犬の散歩の練習であなたと愛犬に楽しく過ごすための3つの注意点!

子犬の散歩時間を決める時に愛犬とあなたに大切な3つの考え方とは?

子犬と楽しく散歩する為に愛犬とあなたに必要な3つのしつけ方とは?

愛犬の散歩中に歩かない子犬があなたに訴える3つの理由とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す