あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

 

3ヶ月の子犬は、まだまだ甘えん坊で遊びたい盛りですが、少しずつ落ち着いてくる月齢でもあります。

 

3ヶ月の子犬が吠えるのは、「要求吠え」がほとんどでしょうが、だんだんと悪知恵もついてきますから、しつけの仕方を間違うと性格に大きく影響してしまいます。

 

今回は、3ヶ月の子犬が吠えるのをやめさせる3つのしつけ方法について解説いたします。

 

			

スポンサードリンク






 

3ヶ月の子犬の吠えるのをやめさせる3つのしつけ方法とは?

 

 

我が家の先代の愛犬は、3ヶ月のころは相変わらず吠えるのはお得意でしたが、意味もなく吠えるのではなく、何かを伝えたかったり、何かをして欲しい時に、吠えることが多かったです。

 

3ヶ月の子犬は要求吠えが多いと書きましたが、全ての要求に答えてあげるわけにも行きませんよね。

 

そこで、3ヶ月の子犬が吠えるのをやめさせるしつけとして、

・無視する

・言って聞かせる

・褒める

という3つのしつけ方法について解説していきます。

 

スポンサードリンク





 

 

その1.「無視する」しつけ方法とは?

 

子犬が吠えるのをやめない場合、子犬を無視するのも効果的です。

 

若干、可哀想な気もするのですが、室内飼いの場合は、何度言って聞かせても分からない場合や、わざと吠えるのをやめない場合などは、子犬を無視したり、違う部屋に行ったりして、子犬のそばを離れるといいでしょう。

 

飼い主に無視をされるのは、子犬にとってもつらいことですし、吠えると飼い主がいなくなると思えば、だんだんと吠えるのをやめるようになるでしょう。

 

どうしても、吠えるのをやめない場合、試してみるのもいいですね。

参考

⇒子犬の無駄吠えには無視をすることが効果的な驚くべき3つの理由は?

 

その2.「言って聞かせる」しつけ方法とは?

 

3ヶ月の子犬は、ある程度飼い主の言葉も理解し始めてきますので、

「いけないことはいけない!」

と教えてあげることによって、徐々に理解をしてくれます。

 

吠えるときも、「今、吠えるのはいけないことだよ!」と、言って聞かせるようにすれば、初めは分からなくてもだんだんと覚えてくれるようになります。

 

ただし、いつも我慢させるのも、子犬がかわいそうですから、聞いてあげられる要求は聞いてあげるようにしましょう。

 

その3.「褒める」しつけ方法とは?

 

しつけの基本は、きちんと出来た時に褒める事です。

 

子犬は飼い主の喜ぶ顔が大好きですから、飼い主が褒めてくれれば、喜んでそれに答えてくれようとします。

 

しつけで絶対に行ってはいけないのが怒る事ですので、怒るとしつけを一緒にしないように気をつけましょう。

参考

⇒犬を怒ることでしつける事の意外なメリットと深刻なデメリットとは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

3ヶ月の子犬は、まだまだ幼い子犬ですが、飼い主の気持ちや言葉も理解し始めています。

 

しつけというのは、何でもかんでも厳しく教え込むという事ではなく、子犬の気持ちや感情を優先的に考えてあげながら、子犬の性格にあった教え方で、物事を教えていく事ではないでしょうか。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒犬のしつけ!簡単に無駄吠えを無くすチェックすべき3つのコツとは?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒犬のしつけ!来客時にお客さんに吠えるのをやめさせる簡単なコツは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!吠える時のしつけスプレーを使わないでほしい理由とは?

⇒犬のしつけで愛犬に吠えることを絶対させない簡単な散歩の仕方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す