あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

 

子犬が吠えるのには意味があると言うことは、子犬を飼われている「あなた」ならご存知ですよね。

 

ですが、犬を飼って日の浅い方には吠え方によって、様々な意味を理解することは難しいかと思います。

 

子犬の吠える意味は、成犬が吠える意味とは違う場合も少なくはありませんので、今回は吠え方別の子犬が吠える3つの意味について解説いたします。

 

			

スポンサードリンク






 

吠え方別の子犬が吠える3つの意味とは?

 

 

我が家の愛犬も子犬の頃は遊んで欲しくて吠えることはありましたが、成犬になってからは遊んで欲しいからという理由で吠える事はなくなりました。

 

子犬には子犬なりに吠えるのには意味がありますが、今回は以下の3つの「吠え方」の違いによって分けて見ていきましょう。

 

・高めの声で吠える

・低めの声で吠える

・すごく小さな声で吠える

 

スポンサードリンク





 

 

その1.高めの声で吠える場合の意味とは?

 

子犬がキャンキャンと高い声で吠える場合、飼い主を遊びに誘っていることが多いでしょう。

 

お顔の表情もワクワクするような、何かを期待しているような声で吠える場合が多いですね。

 

食事の催促などの時も、高めの声で吠えるでしょう。

 

高い声で吠えている場合の意味は、おおよそ「要求吠え」が多いので、子犬が何を言いたいのか、何をして欲しいのか、案外簡単に分かることが多いです。

参考

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

 

その2.低めの声で吠える場合の意味とは?

 

低めの声で吠える意味は、おおよそ何かに警戒している場合が多いでしょう。

 

見たこともない物に警戒していたり、聞いたことのない音に警戒していたり、カーテンが揺れるのに警戒していたりなどの場合が多いですね。

 

こういう場合には、きちんと怖い物ではないということを教えてあげれば、警戒心もとけて吠えることもなくなります。

 

そのままにしておかないで、子犬に危険なものではないということを教えてあげましょう。

 

その3.すごく小さな声で吠える場合の意味とは?

 

消え入りそうな声で吠える場合の意味は、「寂しい」「不安」という場合が多いでしょう。

 

飼い主が忙しくてあまり手をかけてあげられなかったり、お留守番をさせられて寂しくなったりした場合など、聞いているこちらも切なくなるような声で吠える場合が多いです。

 

子犬に寂しい思いをさせた後は、子犬が満足するまで十分に手をかけてあげるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬の吠える意味について見ていきましたが、子犬の場合は甘えたいとか遊びたいとかの理由で吠える場合が多いと思います。

 

子犬は遊ぶのも仕事ですし、飼い主との信頼関係を築く為にも、たくさん遊んであげて欲しいと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒犬のしつけ!簡単に無駄吠えを無くすチェックすべき3つのコツとは?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す