あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が吠える時にあなたが全力で知っておくべき3つの理由とは?

 

成犬と同じように、子犬が吠えるのにも何かしらの理由がありますが、子犬の場合には成犬とは違う理由で吠えることも多いですね。

 

子犬が吠える理由は、たいていの場合「要求吠え」が多いのですが、他にも様々な理由で吠える場合があります。

 

今回は子犬が吠える意外と知らない3つの理由について解説いたします。

 

			

スポンサードリンク






 

子犬が吠える意外と知らない3つの理由とは?

 

 

我が家の愛犬も子犬の頃は、「退屈になって遊んで欲しい」「触って欲しい」時に吠えていましたが、成犬になってからは、吠えるのではなく私の顔を見て訴えるようになりました。

 

成犬になれば、ある程度の事では吠える事も少なくなりますが、子犬の場合はやはり飼い主に伝えたい思いが強いので吠える事も多くなります。

 

今回は子犬が吠える理由として、

・遊んで欲しい

・お腹がすいた

・興奮した

という、代表的な理由について解説いたします。

 

スポンサードリンク





 

 

その1.「遊んで欲しい」時に吠える理由とは?

 

子犬が吠える理由として多いのが、「退屈で遊んで欲しい!」といった理由がほとんどになります。

 

子犬は遊ぶのも吠えるのも仕事のうちなので、うるさいとか面倒だとか思わずに、しっかりと手をかけてあげるようにしましょう。

 

子犬のうちに、飼い主の愛情をたっぷりと注いであげれば、成犬になった時に問題行動を起こすような事も少なくなります。

参考

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

 

その2.「お腹がすいた」時に吠える理由とは?

 

次に多い理由として、「お腹がすいたから食事が欲しい!」といった場合が多いです。

 

子犬は1回に食べる量が少ないですが、運動量は多いのですぐにお腹がすいてしまいます。

 

少し遊んで疲れるとお腹がすいて吠える場合もありますので、体重管理も気にはなりますが、子犬が空腹にならないよう、ご飯はしっかりと与えてあげて欲しいと思います。

 

その3.「興奮した」時に吠える理由とは?

 

遊んでいて興奮しすぎて、「意味も分からずにただ吠える」場合も多くあります。

 

子犬は何かに夢中になれば、すごく興奮してしまいますので、自分でもどうしていいのか分からなくなってしまう場合があります。

 

そうなった時に、興奮しすぎて吠える場合も多いので、出来ればあまり興奮しないうちに、落ち着かせてあげたり、抱っこして興奮を鎮めてあげたりするのがいいですね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が吠える理由は他にもありますが、代表的な理由としては、上記にあげた理由がほとんどです。

 

成犬になれば、吠える回数も少なくなりますし、吠える理由も違う場合になりますが、子犬ならではの吠える理由を理解して、対処してあげていただきたいなと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒生後2ヶ月子犬が吠える時に「あなた」がすべき3つのしつけ方とは?

⇒生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです
⇒目次はこちらです

           

コメントを残す