あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が急に吠えるようになった時にあなたに訴える3つの理由とは?

 

あなたも、今までおとなしかった子犬が、急に吠えるようになったなどといった場合、何で急に吠えるようになったのか理由が分からなくて困ってしまうことはありますよね。

 

ですが、子犬が急に吠えるようになることにも、子犬なりの理由があることが殆どです。

 

今回は、子犬が急に吠えるようになった場合の3つの理由を解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

子犬が急に吠えるようになった場合の3つの理由とは?

 

 

我が家の愛犬は、子犬時代は一時的に急に吠えるようになることはありましたが、理由として、怖い物に対して吠えるようになったという事はあります。

 

はじめのうちは何がなんだか分からない子犬も、いろんな事を覚えたり経験していくうちに、自分にとって怖い物や苦手なものが増えていきますので、それらに対して急に吠えるという理由の場合が殆どです。

 

では、一般的に子犬が急に吠えるようになる理由として代表的な事は

・警戒心が芽生えた

・怖い物ができた

・反抗期

がありますので、1つずつ解説していきます。

 

スポンサードリンク





 

 

その1.警戒心が芽生えた場合とは?

 

子犬はまだまだ未熟なので、何事にも何の警戒心も持たずにいるばあいが多いのですが、少しずつ警戒心というものが芽生えてきます。

 

単純に何かの事に関して、警戒していなかったから吠えなかっただけで、警戒心が芽生えて吠えるようになったという事が多いでしょう。

 

たいていは、「来客」や「車」「散歩中の他の犬」が対象になると思いますので、警戒心をといてあげる事により、吠える事も少なくなるでしょう。

参考

⇒犬のしつけ!来客時にお客さんに吠えるのをやめさせる簡単なコツは?

⇒愛犬が散歩中に吠える事をやめさせる3つの簡単なしつけ方法とは?

 

その2.怖い物ができた場合とは?

 

警戒心が芽生えたと同様に、今までは何も感じていなかったものに対して、恐怖心を覚えたりすることも多いです。

 

我が家の愛犬もはじめのうちは、風の音も平気だったのですが、いつからか風の音に対して怖がるようになりました。

 

安心させてあげるのがいいのですが、1度怖いと思ってしまえばなかなか、恐怖心を取り除くのは難しいので、子犬が怖がるようなものを隠すとか、見えないようにするといった工夫も必要になってきます。

 

自然現象の場合などは、なかなかそうもいかないので、抱っこして少しでも安心感をもてるようにしてあげましょう。

 

その3.反抗期の場合とは?

 

子犬が吠えるようになった場合、反抗期の可能性も考えられます。

 

人間の子供にも反抗期があるように、子犬にも反抗期はあります。

 

犬の場合は、小型犬で4~6ヶ月、大型犬で9~12ヶ月頃が反抗期になりますので、急に吠えるようになったなら、反抗期を疑って見るのもいいでしょう。

 

反抗期の間は、手を焼くかもしれませんが、長く続くわけではありませんので、成犬になるにつれて、落ち着いてくる場合が殆どです。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が吠えるようになった理由について解説しましたが、当てはまる部分はあったでしょうか。

 

他にも急に子犬が吠えるようになった理由はあるのですが、今回は主な理由を見ていきました。

 

ただ、どんな場合にも何かしらの子犬からのサインはありますので、見落とさないようにしてあげましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠える時にあなたが全力で知っておくべき3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

⇒生後2ヶ月子犬が吠える時に「あなた」がすべき3つのしつけ方とは?

⇒生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す