あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬の3つの時期による絶対に試すべき吠えるのをやめさせる方法は?

 

子犬が吠える時期によって、しつけのしかたも違ってくるのですが、あなたは正しいしつけを行っているでしょうか?

 

子犬が吠える時期を分けて、それぞれの時期にあったしつけを行えば、子犬にとっても飼い主にとっても、負担が少なくてすみます。

 

今回は子犬の時期による吠えることをやめさせる3つのしつけ方法について解説いたします。

 

			

スポンサードリンク






 

子犬が吠える時期による3つのしつけ方法

 

 

我が家の愛犬は、先代の子が子犬の時期から一緒に生活していたのですが、やはり時期によってしつけのしかたは変えて行っていました。

 

子犬であっても、まだ何も分からない状態の子犬と、ある程度物事を理解してくる時期の子犬と同じしつけを行っても、上手く教える事は出来ませんよね。

 

子犬に教える月齢は

・生後3ヶ月まで

・4~5ヶ月

・6ヶ月以上

という期間による3段階に分けて解説いたします。

 

スポンサードリンク





 

 

その1.生後3ヶ月までの場合は?

 

生後3ヶ月までの子犬はまだ何も分からない状態なので、吠えるといっても「要求吠え」とか、「無駄吠え」をしている訳ではありません。

 

この時期の子犬にしつけをしても理解できませんので、愛情をたっぷり注いであげる事を心がけましょう。

 

たいていの場合は、「お腹がすいた」とか、「そばにいて欲しい」とかの理由で吠えていますので、子犬の欲求を満たしてあげて欲しいと思います。

参考

⇒生後2ヶ月子犬が吠える時に「あなた」がすべき3つのしつけ方とは?

⇒生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

 

その2.生後4~5ヶ月の場合は?

 

この時期の子犬はある程度理解できる状態ですので、いたずらなどをしたり、遊んで欲しくて吠え続けるような場合には、言って聞かせてあげるようにしましょう。

 

良い事、悪い事の区別を教えてあげながら、理解させてあげるようにすれば、たいていの事は覚えてくれます。

 

まだ、幼い時期なので、無駄吠えなども多いでしょうが、教えてあげる事で治せますので、叱るのではなく教えるというしつけを行って欲しいと思います。

 

その3.生後6ヶ月以上の場合は?

 

6ヶ月を過ぎれば、ある程度飼い主の言葉も理解出来るようになっています。

 

ただし、いたずらなども増え、無駄吠えなども多い時期で、早い子では反抗期を迎えることもあります。

 

この時期にしっかりしつけを行わなければ、後々治すのが大変になりますので、6ヶ月を過ぎた子犬には善悪をしっかりと教えてあげるようにしましょう。

参考

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

 

 

スポンサードリンク





 

まとめ

 

子犬が吠える時期によって、しつけの仕方を見ていきましたが、その子犬の性格によってはしつけの仕方も変えていかなければいけないこともあります。

 

ご自分が飼われている子犬の性格をしっかりと把握して、その子犬にあったしつけを行ってあげるようにして下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が急に吠えるようになった時にあなたに訴える3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたが全力で知っておくべき3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

⇒生後2ヶ月子犬が吠える時に「あなた」がすべき3つのしつけ方とは?

⇒生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す