あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬をゲージに入れると吠える時にあなたが絶対に試すべき3つの方法

 

あなたは、ゲージに子犬を入れると「吠える」などといった、問題行動にお困りではないでしょうか?

 

子犬がゲージに入れられて吠える場合には、

「寂しいから吠える!」

「飼い主のそばにいたいから吠える!」

など、ほとんどが要求吠えである場合がほとんどです。

 

今回は、子犬がゲージに入ると吠えるのを治す為に、

・ゲージを見える場所におく

・ゲージを居心地よくする

・無視をする

という3つのしつけ方について解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.ゲージを見える場所におく

 

 

子犬のゲージは常に飼い主の目の届く場所に設置してあげましょう。

 

子犬は、飼い主が見えない不安から吠える場合が多いので、不安感を取り除いてあげることによって、安心して吠える事も少なくなります。

 

いつも、飼い主がいるリビングや、全部の部屋が見渡せるような場所、夜に寝る場合には、飼い主の寝室に子犬のゲージを移動するなど、出来るだけ子犬が寂しい思いをしなくても済むようにしてあげましょう。

 

そして、愛犬に

「大丈夫だよ」

などと声をかけてあげることも同時にすることが肝心です。

 

最初のうちは吠えるのをやめなくても、次第に飼い主がいると思えば、安心して吠える事をやめるようになります。

 

子犬のしつけは、根気も必要ですので、頑張って見ましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.ゲージを居心地よくする

 

子犬のゲージは、子犬が居心地よくすごせるような工夫をしてあげましょう。

 

子犬の体の大きさに合っているか、寝る場所とトイレは分けられているかなど、考えてあげる必要もあります。

 

また、子犬のゲージを置く場所にも気を配るようにしましょう。

 

子犬が安心して休めるように、あまり人が通らない場所にゲージを置くとか、暑すぎたり寒すぎたりしないかなども、考えてみましょう。

 

ゲージの中で落ち着くことが出来なければ、子犬はゲージから出たいと思い、吠えるようになります。

 

飼い主の皆様も、自分が落ち着けるような工夫をすると思いますので、子犬にも落ち着ける部屋作りをしてあげて下さいね。

 

 

その3.無視をする

 

要求吠えがひどい場合には、無視をする方法もあります。

 

吠えるたびに、子犬に声をかけたり、ゲージから出してあげたりすれば、吠えれば出してもらえると子犬は思って、吠えるのをやめなくなります。

 

吠えても、要求は通らない、逆に良い子にしていれば出してもらえると思えば、無駄に吠えるのをやめるようになります。

 

我が家の愛犬は、ゲージを使わず、どこにでも自由に行けるようにしていましたが、飼い主が日中家にいない場合などは、ゲージを使用する方が安全な場合もあります。

 

誰もいなくても、子犬がお利口にゲージでお留守番出来るように、しっかりとしつけを行うようにしましょう。

参考

⇒子犬の無駄吠えには無視をすることが効果的な驚くべき3つの理由は?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

まとめ

 

子犬をゲージに入れると吠える場合の治し方について見てみましたが、まだまだ小さな子犬は、寂しいのに耐えることが難しいでしょう。

 

あまり、子犬に寂しい思いをさせないように、ゲージの使い方を考えてみていただきたいと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠える時にあなたが絶対に見直すべき3つの対策方法とは?

⇒子犬の3つの時期による絶対に試すべき吠えるのをやめさせる方法は?

⇒子犬が急に吠えるようになった時にあなたに訴える3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたが全力で知っておくべき3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す