あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬の無駄吠えはいつから?3つの時期別のあなたに訴える意味とは?

 

あなたは、子犬が無駄吠えをするようになるのは、いつからかご存知でしょうか?

 

ある程度、子犬の無駄吠えには共通する理由も多いのですが、生後何ヶ月かによって意味が異なる場合も少なくはありません。

 

そこで、今回はいつから子犬が無駄吠えをするかによって「子犬の気持ち」を分けて考えてみたいので、

・生後1~2ヶ月の無駄吠え

・生後3~4ヶ月の無駄吠え

・生後5~6ヶ月の無駄吠え

上記の3つに分けて解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.生後1~2ヶ月の無駄吠えの場合の意味とは?

 

 

この時期の子犬の無駄吠えは、無駄吠えとは思わないようにしましょう。

 

たいていの理由が、

「お腹がすいたとか」

「寂しいから甘えたい」

と言った、子犬であれば当然の要求になります。

 

この時期の子犬には、しつけを行っても意味がありませんので、子犬の要求を理解して対応してあげるようにしましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.生後3~4ヶ月の無駄吠えの意味とは?

 

我が家の先代の愛犬も、この頃に家に迎え入れたのですが、遊びたい盛りの子犬だったので、遊んで欲しい時の要求吠えは多かったです。

 

子犬と遊んであげる時間があれば、たっぷりと遊んであげて欲しいのですが、なかなかそうもいかない場合も多いですよね。

 

今回は、いつから子犬が無駄吠えをするようになったかで、子犬が無駄吠えをする理由を見ていきますので、しつけや治し方については触れませんが、この時期の子犬の無駄吠えは、

「遊んで欲しい」

「退屈だから」

という気持ちで吠えている理由が多くなります。

参考

⇒生後3ヶ月の子犬が吠える時に絶対に役立つ3つのしつけ方法とは?

 

 

その3.生後5~6ヶ月の無駄吠えの意味とは?

 

この時期の子犬の無駄吠えは、飼い主に対して

「自分の要求を聞き入れてもらいたい!」

という理由がくなります。

 

ある程度、飼い主の言葉も理解できていますし、良い事、悪い事の区別も出来るようになってきています。

 

分かっていても、自分の思いを飼い主に伝えたいとか、どうしても今飼い主と遊びたいなど、わがままな意味合いも含めての無駄吠えが多いです。

参考

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

まとめ

 

子犬がいつから無駄吠えをするようになったのかを見てみましたが、たいていの理由は要求吠えがほとんどです。

 

ですが、この要求は成犬の要求とは意味が異なりますので、飼い主が正しく子犬を見てあげなければいけなくなります。

 

ただの無駄吠えと思わずに、しっかり子犬を見てあげましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が吠える時に無視しても改善しない時に1度は試すべき3つの方法

⇒子犬が吠える事をやめさせる為に絶対に1度は試すべき3つの方法は?

⇒子犬の3つの時期による絶対に試すべき吠えるのをやめさせる方法は?

⇒子犬が急に吠えるようになった時にあなたに訴える3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたが全力で知っておくべき3つの理由とは?

⇒子犬が吠える時にあなたに訴える絶対に覚えておくべき3つの意味は?

⇒子犬が吠えるのをしつけでやめさせる簡単な方法と最適な時期とは?

⇒子犬のしつけ!夜鳴きをやめさせる簡単なコツと方法とは?

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す