あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が色々な物を噛む時にあなたに訴える3つの深刻な理由とは?

 

犬を飼われている方なら経験があると思いますが、犬は何かを噛むという行為をよくしますよね。

 

犬といっても、成犬と子犬では噛む理由が異なる場合があります。

 

今回は、子犬が何かを噛む理由として、

・歯がかゆい

・遊び

・ストレス

という理由がありますので、以上の3つについて解説していきます。

			

スポンサードリンク






理由1.歯がかゆい場合とは?

 

 

子犬は生後半年くらいの間に歯が生え変わります。

 

我が家の愛犬も、気がつかないうちに歯が抜けていたこともありましたが、自分でおもちゃなどを噛む事で、自然に歯が抜ける場合が多いです。

 

稀に、上手く歯が抜けてくれなければ、新しい歯が生えてきて2重になってしまうこともあります。

 

歯が生え変わる時期の子犬は、色んな物を噛む事で、歯がかゆいのを紛らわせるようになります。

 

また、物だけではなく、飼い主の手なども対象になってしまう事がありますが、この場合は「甘噛み」と言われるように、思い切り噛むのではなく、自分の歯に刺激を与えたくて口に入れようとする場合が多くなります。

参考

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

 

歯がかゆければどうしても気になってしまいますし、早いうちに生え代わりが終わらないと、新しい歯が生えてきて、食事の際など食べにくくなってしまう場合もありますので、この場合には、子犬が噛んでも良いおもちゃなどを与えてあげるようにしましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

理由2.遊びの場合とは?

 

子犬は飼い主との遊びや、他の犬やひとり遊びの延長で噛む行為をしてしまいます。

 

子犬は遊んでいるのですが、放置しておけば癖になって成犬になっても噛むようになってしまいますので、子犬のうちに治してあげるようにしましょう。

 

また、子犬は遊んでいるうちについ興奮して、噛む行為をしてしまう場合もあります。

 

興奮すると子犬自身も何をしたいのかがよく分からなくなるので、楽しい遊びが遊びではなくなってしまう場合も多いでしょう。

 

遊んでいる時に噛むのは、いかなる理由があってもあまりいい事ではありませんので、きちんとしつけをしてやめさせて下さいね。

参考

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

 

その3.ストレスの場合とは

 

犬もストレスがたまれば、色んな物に八つ当たりして、噛む行為をしてしまいます。

 

もちろん、子犬にもストレスは生じますので、子犬がストレスを感じているようでしたら、何がストレスになっているのか、理由を把握してストレスのない環境を作ってあげましょう。

 

ちなみに、子犬がストレスを感じる事で多いのが、寂しい思いをしている時間が長い時や、お腹がすいたのになかなか食事をもらえないなどといった場合が多くあります。

 

1回、2回なら子犬もストレスを感じるほどにはならないでしょうが、我慢している時間が長くなればなるほど、ストレスはどんどん溜まってしまいます。

 

子犬の要望通りにしてあげる必要はありませんが、我慢させる時間も減らすようにしてあげましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

まとめ

 

犬が物を噛む行為をしている場合は、何かしらの理由がありますが、子犬にしても、子犬ならではの理由があります。

 

子犬が物を噛む行為をしている場合は、正しい理由を把握して、適切な対応をしてあげるようにして下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒意外と知らない!?愛犬があなたの手を噛む驚愕の3つの理由とは?

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す