あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

成犬に噛む事をやめさせる1度は試すべき簡単なしつけ方法とは?

 

成犬の犬に噛むのをやめさせるしつけは、出来れば子犬の時からしつけを行っていれば、成犬になってから噛むなどといった問題行動を起こす心配も少なくなります。

 

ですが、成犬から飼われた場合などではその時からしつけを始めなければいけなくなりますよね。

 

ある程度年齢がいった、成犬の犬であっても、噛むことをやめさせるしつけをする事は出来ますので、

・声でしつける

・口を押さえる

・体を押さえる

これらの3つのしつけ方について解説いたします。

			

スポンサードリンク






その1.声でしつける場合とは?

 

 

成犬の犬であれ、子犬であれ、犬が噛む場合には、まずは声に出して「痛い」とか「いけない」と教える事が大切です。

 

毎回、同じ言葉で声のトーンは低めに言うのがポイントとなります。

 

「痛い、痛い」とか「駄目よ」などと毎回言葉を変えたり、高い声でしつけを行えば、犬は自分が悪い事をしているとは思わなくなります。

 

誰がしつけを行うにせよ、全員が同じ言葉で犬の目をしっかり見ながら、言葉でしつけをするようにしましょう。

参考

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

 

その2.口を押さえるしつけ方とは?

 

体の大きな犬や、言葉でしつけが出来ない場合には、犬の口を押さえてしつけをしましょう。

 

犬のマズルをグッと握って、犬の目を見て「いけない」などと教えるのもいいでしょう。

参考

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

 

すぐに手を離すのではなく、犬が逃げようとしてもしばらくは押さえておくようにしましょう。

 

毎回、繰り返して行うことによって、犬も自分が噛むと嫌な事が起きますから、噛むのはいけない事と覚えてくれます。

 

我が家の愛犬はちょうど親指と人差し指で回るくらいのマズルの大きさだったのですが、マズルが大きい犬などの場合には、両手を使わなければ押さえられない場合もあるでしょう。

 

また、マズルが短い犬の場合には、犬が息を吸えなくなっては困りますので、少し考えて押さえる必要も出てきます。

 

飼われている犬によって、押さえ方も多少は異なってきますので、注意してくださいね。

 

スポンサードリンク





 

 

その3.体を押さえるしつけ方とは?

 

上手に口を押さえられなかったりした場合には、少し荒っぽい手段ではありますが、体ごと押さえ込んだり、犬の体を床に押し付けたりして、犬が身動きを取れなくして教えるしつけもあります。

 

犬の体格によっては難しい場合もありますし、犬の力に負けてしまっては意味がありませんが、男性の方や、中型犬くらいの大きさの犬であれば、犬を押さえ込む事は出来るでしょう。

 

この場合には、始めは逃げようとジタバタすると思いますが、犬が降参して静かになるまで押さえておきましょう。

 

また、体を押さえ込むしつけは、母犬が子犬のしつけを行う場合もよく使う手段ですので、効果が見込めます。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

どんなに大きくなった成犬の犬でも、しつけが遅いから出来ないという事はありません。

 

愛情を持って、いけないことはいけないと教える事で、犬もきちんと覚えてくれますので、飼い主があきらめないようにがんばってしつけをしましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒意外と知らない!?愛犬があなたの手を噛む驚愕の3つの理由とは?

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

⇒愛犬が子供を噛む事を止めさせる簡単にできる3つのしつけ方法とは?

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す