あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

愛犬が飼い主を噛む時のあなたが絶対に知っておくべき3つの理由は?

 

犬が飼い主を噛むのは良い事ではありませんが、あなたは犬が飼い主の事を噛む時の気持ちを考えてみた事はあるでしょうか?

 

今回は、犬が飼い主を噛む時、犬ではなく飼い主の接し方にも問題があるという事について見ていきたいので、

・怒り

・恐怖心

・保護

これらについて解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.「怒り」が理由の場合とは?

 

 

犬にも感情があるので、時には機嫌が悪かったり体調が悪かったりして気分が優れない時があります。

 

または、飼い主が気がつかないだけで、どこか体調が悪かったり怪我などをしている場合もあるでしょう。

 

そんな時に、必要以上に犬に手をかけたり、うるさくしたりすれば、

「やめて欲しい!」

という思いから、つい飼い主を噛んでしまう場合もあります。

 

怪我などをしている場合、つい痛い部分に触れてしまった場合なども、怒りの気持ちが出てしまう場合もあります。

 

また、気持ちよく寝ている時に起こしたり、しっぽを踏んでしまったりなどしたら、犬もびっくりして咄嗟に飼い主を噛んでしまう場合もあります。

 

飼い主を噛むのは良いことではありませんが、犬がそっとしておいて欲しいと思っている時や、寝ている時などは、落ち着いていられるようにしてあげましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.「恐怖心」が理由の場合とは?

 

しつけをした際に、必要以上に怒ったり、体罰を与えたり、日ごろ自分の感情を犬にぶつけたりした場合、恐怖心から自分を守るために飼い主を噛む場合があります。

 

これは、犬が悪いのではなくあきらかに飼い主が悪いですよね。

 

本来であれば、飼い主は自分を守ってくれる存在でなければいけません。

 

犬が、自分を守らなければいけない状態を作ってしまうのは絶対に、やめていただきたいと思います。

 

その3.「保護」が理由の場合とは?

 

犬は大切な人を守るために飼い主でも噛む場合があります。

 

我が家の愛犬は、私が息子と言い争いをしていれば、私を守るために息子に立ち向かっていくような子でした。

 

息子も愛犬を溺愛していたのですが、やはり愛犬にしてみれば優先順位というものがあったのでしょう。

 

例えば、夫婦で飼われている場合、どちらも大切に愛情を注いでいたとしても、犬は自分にとってより大切な人や、立場的に弱い方を守ろうとします。

 

なるべく愛犬の前では喧嘩などをしないようにしましょうね。

参考

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

犬が飼い主を噛む時の気持ちは、お分かり頂けたでしょうか。

 

飼い主が飼われている犬を本当に大切に、心から家族と思って接すれば、飼い主を噛むなどといった問題行動を起こす事はしなくなるでしょう。

 

今1度、犬に対して自分の態度を考えて見ていただき、信頼関係を築いていって欲しいと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒意外と知らない!?愛犬があなたの手を噛む驚愕の3つの理由とは?

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

⇒愛犬が子供を噛む事を止めさせる簡単にできる3つのしつけ方法とは?

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す