あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬の噛むクセをやめさせる絶対に試すべき3つのしつけ方法とは?

 

あなたは子犬は何でも噛むのが大好きなので、やめさせようとしても中々やめさせられないことはありませんか?

 

子犬が噛むのを子犬のうちにしつけで直しておかなければ、成犬になってからも、噛むのをやめなくなってしまいます。

 

子犬のしつけは出来るだけ早いうちから行うことによって、成犬になってから噛むような事はしなくなります。

 

そこで今回は、子犬が噛むのをやめさせる代表的なしつけ方法として、

・声で教える

・噛んでいいもの、悪いものを教える

・大きな音

これらについて解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.「声で教える」しつけ方法とは?

 

 

子犬が噛むのをやめさせるしつけの基本が、言って聞かせることです。

 

子犬が噛んではいけないものを噛んでいたなら、まずは「いけない」など声に出して言いましょう。

 

はじめは、子犬は「いけない」の意味が分からなくても、何度もしつけをしているうちに理解してきます。

 

声で教える場合には、必ず同じ言葉でしつけをするようにしてください。

 

我が家の愛犬は、いけないことの意味を言語ではなく、私の言葉で覚えてくれたので、言葉を変えて言ってもちゃんと理解してくれました。

 

信頼関係が出来上がれば、言葉を変えても通じますが、それまでは必ず同じ言葉でしつけをしてくださいね。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.「噛んでいいもの、悪いものを教える」しつけ方法とは?

 

子犬のうちから、噛んでいいもの、悪いものの区別を教えてあげましょう。

 

何でもかんでも噛んで悪いと教えるのも良い事ではありませんし、子犬が喜ぶからと何でも噛むのを見過ごしているのもいけませんよね。

 

これは噛んでも良いもの、これは噛んではいけないものときちんとしつけをするようにしましょう。

 

この場合、子犬が噛んでいけないものを噛んでいる時に「今日は許そう」というように絶対に思わないようにしてください。

 

その時々でしつけを変えてしまえば、子犬は混乱してしまいます。

 

いいものはいい、悪いものは悪いときちんと教えてあげて下さいね。

参考

⇒子犬が色々な物を噛む時にあなたに訴える3つの深刻な理由とは?

 

その3.「大きな音」でしつける方法とは?

 

子犬が噛んではいけないものを噛んでいた時に、近くにいなかったり子犬に声が届いていないような場合には、大きな音などで子犬の注意を引いてやめさせるようにしましょう。

 

子犬は夢中になると、周りが見えなくなったり飼い主の声が届かなくなってしまいます。

 

生活していれば、子犬が噛んで危険なものが沢山ありますから、とりあえず子犬の気をすらす必要が出てくる場合もあるでしょう。

 

子犬の気を引かないことには、しつけも出来ませんのでまずは子犬の注意を自分に向けるようにしてくださいね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が噛むのは、さほど痛くないので、ついしつけをしないでそのままにしておく方もいるでしょうが、しつけを行ってやめさせるようにしなければ、成犬になってから問題犬になってしまいます。

 

かわいいからと甘やかしたくなりますが、しつけは行って噛むのをやめさせるようにしましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が色々な物を噛む時にあなたに訴える3つの深刻な理由とは?

⇒意外と知らない!?愛犬があなたの手を噛む驚愕の3つの理由とは?

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す