あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬が噛む唸る事が続く時にあなたができる3つの重要な対処法とは?

 

子犬が「噛む」「唸る」と聞けば、飼い主に対して敵対心を持っていると思いますが、実はそうではない理由の場合もあります。

 

ただ、子犬が「噛む」「唸る」といった行為を放置しておけば、これはいけない事ではないんだと認識してしまいますので、早い段階で治してあげなければいけません。

 

今回は、子犬が噛む、唸る場合といったおもな3つの理由

・遊びの時

・食事の時

・家に迎え入れた時

ということの対処方法について解説いたします。

			

スポンサードリンク






その1.「遊びの時」の場合の対処法とは?

 

 

子犬が遊んでいる時に噛む、唸るなどの行為をする場合には、遊びに夢中になりすぎて興奮している場合があります。

 

我が家の愛犬も、まだ小さい頃は遊んでいて楽しくなりすぎて、何がなんだかわからなくなってしまう事がありました。

 

大きくなるにつれて、徐々に噛む、唸るなどの行為をするまで、興奮する事はなくなりましたが、幼い子犬は夢中になりすぎると、自分でも何がなんだか分からなくなってしまいます。

 

そういう場合には、いったん落ち着かせてあげることが大切です。

 

おもちゃで遊んでいたら、おもちゃを取り上げたり、飼い主と遊んでいたら少し離れてみたりなどして、まずは子犬を落ち着かせてあげましょう。

 

そうすれば、子犬も落ち着きを取り戻して噛む、唸るなどの行為をしないようになります。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.「食事の時」の対処法とは?

 

子犬が食事をしている時も、食事が嬉しかったりすれば興奮して噛む、唸るなどの行為をする場合があります。

 

また、食べるのに夢中になって、飼い主などが手を出すと噛む、唸るなどをする場合もあります。

 

飼い主が手を出しても噛む、唸るなどの行為をしないようにするにはもちろん、しつけも必要ですが、深い信頼関係も必要になります。

参考

⇒子犬の噛むクセをやめさせる絶対に試すべき3つのしつけ方法とは?

 

我が家の愛犬は、食事の時に私が何をしても、動じることはなく、噛む、唸るなどの行為はしたことがありません。

 

自分の食事を取られない、安心できるという思いがあったからだと思います。

 

ただし、子犬が食事をしている時は、落ち着いてゆっくり食べれるようにしてあげましょう。

 

その3.「家に迎え入れた時」の対処法とは?

 

家に子犬を迎え入れてすぐに、噛む、唸るなどは不安な気持ちと自己防衛の表れです。

 

ここは安全な場所なんだと子犬が理解すれば、噛む、唸るなどをすることはなくなります。

 

また、子犬がいた環境にもよりますが、例えば体罰を受けたとか、あまりかわいがられなかったなどといった場合には、自分を守るために、噛む、唸るという行為をしてしまいます。

 

臆病な性格の子犬なら、なおさら初めての家や人は不安でいっぱいになってしまいます。

 

子犬の性格はすぐには分からないかもしれませんが、あまり人の目を見ない子や、寄って来ない子犬は臆病な子が多いので、優しく接してあげるようにしましょう。

参考

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が噛む、唸るのを見ると、なんだか切なくなってしまいますよね。

 

いつでも、どこにいても安心して噛んだり唸ったりしなくてもいいように、してあげたくなりませんか。

 

子犬のうちに、しっかりと愛情を注いで安心して過ごせる環境を与えてあげましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が色々な物を噛む時にあなたに訴える3つの深刻な理由とは?

⇒意外と知らない!?愛犬があなたの手を噛む驚愕の3つの理由とは?

⇒愛犬の噛む事をやめさせる最も基本的なあなたがすべき3つの方法は?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と威嚇をやめさせる簡単な3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す