あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬があなたの手を噛む時に有効な1度は試すべき3つの対処法とは?

 

子犬が手を噛むことに日々悩まされている方も少なくないと思いますが、やはり子犬の甘噛みを直すのに大変な思いをされている方も多いでしょう。

 

間違った方法で子犬が手を噛むのをやめさせようとすれば、かえって傷がついてしまったり、大怪我をしてしまう可能性もありますので、今回は子犬が手を噛む場合の対処法として、

・そのまま動かさない

・口の奥に手を入れる

・マズルを抑える

これら私が試した有効だった3つの対処方法について解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.「そのまま動かさない」方法とは?

 

 

子犬が手を噛む場合、とっさに手を引っ込めてしまいたくなりますが、かえって危険な場合もあります。

 

小型犬の子犬でも、歯が小さく、成犬に比べると尖っていますので、指などにささって血が出てしまう場合もあります。

 

大型犬の子犬などでは、噛む力も強いので、気を付けないと怪我をしてしまう場合もおきてしまいます。

 

子犬が手を噛むような行為をしたら、そのまま手を動かさず、じっと子犬の目を見ながら「いけない」などと声のトーンを低くして言い聞かせるようにしましょう。

 

子犬が手を離したら、褒めてあげるようにしましょう。

 

もし、何度も同じ事をするようでしたら、子犬を無視するとか、子犬のそばを離れるなどしてみるのもいいでしょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.「口の奥に手を入れる」方法とは?

 

子犬が手を噛む場合、無理に引き離そうとすれば歯がささって血が出てしまう場合もありますので、なかなか子犬が手を離さないようでしたら、そのままこぶしを作って、グッと子犬の口に入れるようにしましょう。

 

子犬は苦しくなるので手を離すようになります。

 

子犬が手を離したら、「いけない」などと教えるようにしましょう。

 

小型犬の場合は、子犬の口は大きくないので、こぶしは作れないと思いますが、口の中に手を入れるのは可能です。

 

ただし、爪などが伸びていれば、子犬の口の中を傷つけてしまいますので、気をつけて下さいね。

参考

⇒子犬が痛いほど強く噛む時に1度は試すべき3つのしつけ方法とは?

 

 

その3.「マズルを抑える」方法とは?

 

我が家の愛犬にも何度かした事があるのですが、犬はマズル(口と鼻の部分)を押さえられるのが苦手な子が多いです。

 

本当に信頼関係が出来ていれば、マズルを押さえられても嫌がったりしませんが、子犬のしつけなどの時は、マズルを押さえるのは効果的です。

 

子犬が手を噛む場合、マズルをギュッと押さえる事で、子犬は嫌だなと感じます。

 

「いけない」などと言いながら、マズルを押さえれば、手を噛むのはいけないことだと認識するようになります。

参考

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が手を噛むのは、許してしまいたくなる場合もありますが、そのままにしておけば、成犬になってからも噛むくせがぬけないで、大変な事になってしまいます。

 

子犬の為にも、周りに迷惑をかけない為にも、子犬の頃から手を噛むのは直してあげるようにしましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬が噛む唸る事が続く時にあなたができる3つの重要な対処法とは?

⇒子犬が噛む事をやめない時にあなたに訴える重大な3つのの理由とは?

⇒子犬の噛むクセはいつまで続くかを3つのケースごとに徹底解説!

⇒子犬が痛いほど強く噛む時に1度は試すべき3つのしつけ方法とは?

⇒子犬の噛むクセをやめさせる絶対に試すべき3つのしつけ方法とは?

⇒子犬が色々な物を噛む時にあなたに訴える3つの深刻な理由とは?

⇒子犬が吠える噛む事が治らない時にあなたが考えるべき3つの原因は?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す