あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【要注意】安全な噛むおもちゃを愛犬に与える為の3つの注意点とは?

 

犬が噛む「おもちゃ」にもたくさん種類がありますが、基本的に安全でなければいけませんよね。

 

化学塗料やプラスチックを使っていたり、犬が噛む事ですぐに壊れたり、間違えて飲み込んでしまい胃腸を傷をつけてしまったりしては、大変な事になってしまいます。

 

そこで、犬が噛むおもちゃを選ぶ際に、安全なおもちゃを選んであげるのはもちろんですが、選ぶ際に気をつけたい事として、

・噛んでも壊れない

・間違えて飲み込んでも害がない

・体の大きさで選ぶ

これらについて3つについて解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.噛んでも壊れない物を選ぶ!

 

 

犬のおもちゃは噛む為にありますので、すぐに壊れてしまうようでは困りますよね。

 

また、壊れやすい素材や壊れて砕けてしまうようなおもちゃでは、犬が怪我をしてしまう恐れがありますので、素材も注意して選ぶ必要があります。

 

犬の中には、大きな音や思わぬ衝撃でショックを受けて、ショック症状を起こしてしまう犬も少なくありません。

 

よく、事故などに合った犬の話を聞きますが、車にぶつかった場合、傷などは命に関わる程ではなくても、車にぶつかったショックで、命を落としてしまう場合も多いです。

 

それと同様に、おもちゃが壊れて大きな音がしたとか、思わぬ出来事にびっくりしすぎてしまって、痙攣を起こしてしまったり、何らかのショック症状が出てしまう場合もありますので、気をつけましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.間違えて飲み込んでも害がないを選ぶ!

 

噛むということは、間違えて破片などを飲み込んでしまう可能性もあります。

 

木のおもちゃなどがそうですが、木のおもちゃは噛む事によって、少しずつ木屑が減ってきますので、体の中に入ってしまう場合もあります。

 

体の中に入ってしまって害が出るようでは安全とは言えませんし、噛む事で先が尖って体や口の中を傷つけてしまうようでも、安全ではないですよね。

 

間違えて体の中に入ってしまっても害がない安全な素材のおもちゃを選んであげるようにしましょう。

参考

⇒愛犬の体に優しい!特にお勧めする安全な木を使った噛むおもちゃ3選!

 

 

その3.体の大きさで選ぶ!

 

どんなに安全なおもちゃでも犬の体の大きさに合うおもちゃでなければ、危険を招いてしまう可能性があります。

 

大型犬に小型犬用のおもちゃを与えては、間違えて飲み込んでしまう危険もありますし、我が家の愛犬ポメラニアンみたいな小型犬に大型犬用のおもちゃを与えてしまっては、噛むことすらできません。

 

特に、ボールのおもちゃなど気をつけて欲しいのですが、大型犬に小さいボールを与えてしまえば、誤飲してしまう可能性も出てきますので、犬の体の大きさにあったおもちゃを選ぶ事は、安全面を考えれば1番大切なことですね。

参考

⇒【完全保存版】ずっと使える!長持ちする犬の噛むおもちゃ3選!

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

犬のおもちゃは、噛む事を前提で作られていますので、基本的には噛んでも安全なものが多いのですが、遊び終えたらそのまま放置しておくのではなく、きちんと片付けるようにしましょう。

 

また、出来るだけ、噛むおもちゃで遊んでいる時には、しっかり見ていてあげるようにしていただきたいと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬の体に優しい!特にお勧めする安全な木を使った噛むおもちゃ3選!

⇒【完全保存版】ずっと使える!長持ちする犬の噛むおもちゃ3選!

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す