あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

これは便利!愛犬があなたを噛む時に必ず使えるしつけ用手袋3選!

 

噛む犬という書き方も何ですが、噛むといっても本気で噛む場合や甘えて噛む場合などがありますが、どちらにせよ人や物を噛むと言うのはいい事ではありません。

 

噛む犬に対して手袋が効果的という話も耳にしますが、今は「しつけ用手袋」というものが豊富にあります。

 

今回は「しつけ用手袋」の中でも特におすすめな

・セーフティグローブ

・グルーミンググローブ

・皮手袋

これら3つについて解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.セーフティグローブ

 

 

 

セーフティグローブは、ひじまである長さのしつけ用手袋ですが、中型犬や大型犬を飼われている方にには特におすすめです。

 

牛や鹿など皮のタイプも分かれており、ご自分の愛犬に合ったサイズや厚さの手袋を選ぶ事によって、強く愛犬に噛まれても安全にしつけが行うことができます。

 

厚さがありますので、細かい作業をする場合などには向かない場合もありますので、手袋を使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

 

セーフティグローブは、主に、噛みつきや引っかき防止の予防に使用するのですが、しつけを開始したばかりのワンちゃんに役に立ちます。

 

ただし、噛む力が強いシェパード、ドーベルマン、アメリカンブルドッグ等の犬などが本気で噛む場合には不向きですので注意して使用してください。

 

 

その2.グルーミンググローブ

 

 

 

グルーミンググローブは、犬のブラッシングなどの時に使用する手袋です。

 

我が家の愛犬もお風呂は大好きだったですが、ブラッシングはあまり好きではありませんでした。

 

ブラッシングをしようとすれば、はじめはおとなしくさせてくれるのですが、途中で嫌になってカプッと噛むこともありました。

 

ブラッシングが苦手な犬や、爪きりが苦手な犬などに使用する時には非常に効果的です。

 

ブラッシングが嫌いで、ブラッシング時に噛むようなワンちゃんには、徐々に慣れさせるように「しつけ」もできますのですが、本気で噛まれればやはり怪我をしてしまうので、おとなしくさせてくれるまでのしつけ用手袋として使用するのにいいでしょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その3.皮手袋

 

 

 

しつけ専用の皮手袋という訳ではありませんが、地元のホームセンターで1番入手しやすい手袋が、コチラで紹介する、溶接、バーベキュー等に使用する革の手袋です。

 

かなり頑丈にできているものもあり、長さも長いものから短いものまで様々販売しています。

 

クッション性がありませんので、大型犬に強くかまれた時は、破れはしないものの怪我をする恐れがありますので、そのあたりは注意して使用するようにしてください。

 

噛み癖のある中、小型犬などのしつけには使いやすく入手しやすい手袋です。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

しつけ用手袋と言っても、用途によって様々な手袋がありますね。

 

厚手タイプの手袋や、薄手タイプの手袋、または本格的に噛まれても痛くない手袋など、調べればいろいろなタイプの手袋があります。

 

用途によって、しつけ用手袋は使い分けるようにしましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が噛む前にうなる時のあなたに訴える3つの本当の理由とは?

⇒愛犬が飼い主を噛む時のあなたが絶対に知っておくべき3つの理由は?

⇒愛犬が本気で噛む時にあなたが絶対に覚えておくべき3つの理由とは?

⇒成犬に噛む事をやめさせる1度は試すべき簡単なしつけ方法とは?

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す