あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

今日中に噛み癖を速攻で治す!お勧めの愛犬が噛む事の防止グッズ3選!

 

愛犬の噛み癖に悩んでいる飼主さんは、多くいらっしゃいますが、しつけの基本は愛犬にきちんと信頼関係を作りながら、

「噛むのは良くないことだよ」

と理解させていくことが重要です。

 

ですが、最近は効率化ということで犬が噛むのをやめさせる「防止グッズ」というものも販売されています。

 

今回は、しつけの際に役に立つ、犬が噛むのを防止する防止グッズとして、

・プラッツビターアップル

・ちゃんとしつけ剤

・あま噛みノン

これら3つのしつけグッズが効果的なので、今回は1つずつ詳しく解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.「プラッツビターアップル」の効果とは?

 

 

 

プラッツビターアップルには、スプレータイプとジェルタイプの2種類があります。

 

犬に噛まれて困る物って以外に多くありますので、気を付けていても犬が何に興味を示して噛むのか分からないですよね。

 

噛んでも害がない物であればまだいいのですが、中には犬が噛む事で危険を伴ってしまうものも沢山あります。

 

プラッツビターアップルは、

・玄関においてあるスリッパを噛むのを防止する

・電気コードなどの配線を噛むのをやめさせる

などといった、犬が噛むを困るものにスプレーしたりして、犬が噛むのをやめさせる為の防止グッズです。

 

リンゴから抽出した天然苦味成分が含まれているので、犬がビターアップルを塗ってある物を噛むと、苦いと思って噛むのをやめるようになります。

 

スプレータイプとジェルタイプは、スリッパやクッションなど柔らかいものにはスプレーを使い、家具や配線など堅めの物にはジェルにするという使い分けをするとより効果的です。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.「ちゃんとしつけ剤」の効果とは?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジョイペット ザ・しつけ ちゃんとしつけ剤 200ml
価格:613円(税込、送料別) (2018/1/20時点)

 

 

「ちゃんとしつけ剤」は、食品として認められている香料を使用しているので、愛犬には安全な成分で製造されており、物を噛むのを防止する防止グッズです。

 

人間には感じられない程度の香りのスプレーなので、ソファーや匂いがつけば困るような物に使用することが可能です。

 

幸い、現在の我が家の愛犬はあまり物を噛むという事がなかった為、噛むのをやめさせる防止グッズに頼った事はありませんでしたが、昔は、お酢を薄めたものや柑橘系の香りがするスプレーなどを私の友人などは使っていました。

 

その3.「あま噛みノン」の効果とは?

 

 

 

あま噛みノンは、犬に噛み癖がつかないようにする防止グッズです。

 

香りで落ち着かせて、トウガラシエキスの辛味でしつけをします。

 

自分の手や足などを噛んで、自分自身を傷つけてしまうワンちゃんに効果的です。

 

甘噛みと書いてあるくらいなので、本気で飼い主をかじるような犬にはどうかなとも思いますが、甘噛みを放置しておけば成犬になってからも、噛み癖が抜けなくなってしまいますので、早い段階でのしつけが大切です。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

初めにもお話ししたように、しつけで犬が噛むのをやめさせる事が1番の基本ですが、犬を飼い始めたばかりでどうしつけをしたらいいか、わからない場合や、どうしても上手にできない場合などに最終手段としては効果的な防止グッズです。

 

必要に応じて、使い分けて見るのもいいかもしれませんね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が噛む前にうなる時のあなたに訴える3つの本当の理由とは?

⇒愛犬が飼い主を噛む時のあなたが絶対に知っておくべき3つの理由は?

⇒愛犬が本気で噛む時にあなたが絶対に覚えておくべき3つの理由とは?

⇒成犬に噛む事をやめさせる1度は試すべき簡単なしつけ方法とは?

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す