あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【超基本!】子犬が噛む事をしないようにする為の3つのしつけの考え方とは?

 

犬の噛む癖は子犬の間にしつけで直してあげなければいけません。

 

子犬が噛むのをやめさせるしつけは、子犬の性格によっても多少変わってきますが、噛む癖をなくす共通のしつけ方として、

・子犬が噛んでも良い物を与える

・何度も繰り返し教える

・噛んではいけないものの対策

という3つが基本的なしつけ方になります。

 

今回は上記の3つの「しつけ方」について1つずつ解説していきます。

			

スポンサードリンク






その1.子犬が噛んでもいい物を与える

 

 

子犬は、歯の生え代わりなどがありますから、いくら子犬が噛むのをやめさせるしつけを行っているからと言っても、何でも噛んではいけないと教えるのは難しくなります。

 

歯の生え変わりのむずがゆくてどうしようもなくなってしまいますから、子犬もかゆさを抑えるのに何かを噛む事で、気を紛らわせたくなります。

 

子犬が噛んでも良いおもちゃなどを与える事によって、子犬のストレスも減らしてあげることが出来ますので、子犬が噛むのをやめさせるしつけを行っている最中でも、おもちゃなどは与えるようにしましょう。

参考

⇒【完全保存版】ずっと使える!長持ちする犬の噛むおもちゃ3選!

 

 

その2.何度も繰り返し教える

 

子犬に噛むのをやめさせるしつけを行う際には、何度も繰り返して教えてあげる事も必要です。

 

子犬は好奇心旺盛ですし、遊びに夢中になれば、悪いと教えられた事でも忘れてしまう場合が多くなります。

 

何度も何度も、繰り返し教える事によって、少しずつ噛むのはいけないと学習するようになりますので、あきらめずに根気強く教えるようにしましょう。

 

我が家の愛犬にも、しつけを行う際には、同じ事を何度も何度も、繰り返して教えました。

 

時間がない時や。気分が悪い時などは、何度も教えるのが苦痛に感じるかもしれませんが、子犬が理解するのに、1回や2回では覚える事は難しいので、イライラしたりせずに、しつけを行うようにして下さいね。

 

スポンサードリンク





 

 

その3.噛んではいけないものの対策

 

子犬に噛まれて困るものは、あらかじめ子犬が触れないようにするとか、置き場所を変えるなどするのもいいでしょう。

 

動かせない家具などの場合には、犬が嫌がる匂いなど、家具などに匂いが残りにくいスプレーなども市販されていますので、そういったグッズを使用してみるのもいいでしょう。

 

酢を水で薄めたものなど、ご自宅で簡単に作れるものもありますので、子犬が苦手な匂いなどが分かるようであれば、作ってみるのもいいですね。

参考

⇒【完全保存版】子犬の育て方で重要な噛み癖をなくす3つの方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬が噛むのをやめさせるしつけは、集中的に行い、なるべく短い期間で終わらせるようにしましょう。

 

そして、子犬の噛むのをやめさせるしつけで大切なのは、必ず噛んでいけない物を噛んだら、しつけをすると言うことが大切になります。

 

その時の気分や、忙しいからなどといった理由で、子犬が噛んでいけない物を噛んでいる時に、しつけをしないということがないように、気をつけましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒愛犬が噛む前にうなる時のあなたに訴える3つの本当の理由とは?

⇒愛犬が飼い主を噛む時のあなたが絶対に知っておくべき3つの理由は?

⇒愛犬が本気で噛む時にあなたが絶対に覚えておくべき3つの理由とは?

⇒成犬に噛む事をやめさせる1度は試すべき簡単なしつけ方法とは?

⇒犬に噛む事をやめさせる3つのケース別の絶対に試すべきしつけ方は?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介はこちらです

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す