あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【重要】知っていますか?子犬が興奮した時の簡単な3つのしつけ方法とは?

 

子犬と一緒に遊んでいれば、子犬が興奮してしまう場合も多いですよね。

 

また、しつけの最中でも、1度子犬が興奮してしまうと、飼い主の声も聞こえない状態になって、しつけが出来なくなってしまったり、自分でも何がなんだか分からない状態になってしまいます。

 

そこで、今回は興奮しやすい子犬のしつけとして

・興奮を鎮める

・要求を聞かない

・運動をさせる

これら3つのしつけ方が重要なので、1つずつ解説していきます。

			

スポンサードリンク






 

その1.興奮を鎮める

 

 

興奮しやすい子犬のしつけは、なかなか簡単にはいかないと思いますが、まずは子犬の興奮を鎮めてあげなければいけなくなります。

 

例えば、遊んでいて興奮するようであれば、少し遊んだら休む、また少し遊んだら休むなどをして、子犬が落ち着く時間を作ってあげるようにしましょう。

 

御飯の時に興奮するようであれば、落ち着くまで待たせたり、食事の時間を変えるなどするのもいいでしょう。

参考

⇒子犬のしつけ!興奮した時に落ち着かせる方法とコツとは?

 

我が家の愛犬は、あまり興奮するということはなかったのですが、風の音や大きな音にびっくりしてしまった時等は、恐怖心から興奮して吠え続けてしまう時もありました。

 

すぐに、抱っこなどをして落ち着かせてあげればおさまるので、そのままにしておかないで、落ち着かせてあげるようにしましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.要求を聞かない

 

興奮しやすい子犬は、要求吠えも多くなる傾向にあります。

 

自分の要求が満たされるまで吠えていたり、思うようにならなければ吠えてしまう場合が多いですよね。

 

はじめは、ただ吠えているだけでも、自分でだんだんと興奮してきて飼い主の声が届かない状態になってしまったり、物などに八つ当たりしてしまう場合もあります。

 

普段から、何でもかんでも子犬の要求を聞いていれば、吠えれば飼い主が言うことを聞いてくれると思ってしまいますので、時には子犬の要求を聞かないようにするのも大切です。

 

子犬にも「我慢しなければいけないことがある!」と言うことを、少しずつ教えていくようにしましょう。

参考

⇒子犬のしつけ!要求吠えを止めさせる簡単な方法とは?

 

その3.運動をさせる

 

もともとの子犬の性格にもよりますが、遊ぶのが大好きな子犬や走り回るのが大好きな子犬は、夢中になりすぎて興奮しやすくなる可能性もあります。

 

そして、1度興奮してしまえば静止するのが難しくなります。

 

普段から、運動量を増やしてあげたり、散歩の時間を長くしてあげるなど、適度に疲れさせてあげる必要があります。

 

運動不足などでストレスがたまってくれば、飼い主や物などに八つ当たりしてしまう場合もありますので、子犬の運動量が足りていないかなと思う時には、時間をたっぷり使って子犬が疲れるまで遊ばせてあげたりしましょう。

 

ただし、あまり疲れすぎるとかえって、夜中に興奮してしまう場合もありますので、子犬の様子を見ながら適度な時間で遊ばせるようにしてくださいね。

参考

⇒子犬が散歩中に吠える時にあなたが絶対に理解すべき3つの理由とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

興奮しやすい子犬の例を見ていきましたが、その子犬の性格によるものも大きいですが、育った環境で興奮しやすくなる場合も考えられます。

 

子犬にしつけをする際には、飼い主の言葉をきちんと聞ける状態でなければ、子犬のしつけは難しくなりますので、普段からあまり興奮させないようにするのも大切ですね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒子犬のしつけ!興奮した時に落ち着かせる方法とコツとは?

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

⇒犬のしつけでおすわりを覚えさせるたった1つの簡単なコツとは?

⇒犬のしつけ! 怒ることでしつける弊害と注意点とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す