あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【効果あり!】子犬におやつを与えるしつけがオススメな3つの理由とは?

 

子犬のしつけを行う際、おやつを使用したしつけの方法がありますが、おやつを使用した子犬のしつけはオススメです。

 

おやつを使用した子犬のしつけが効果のある理由として、

・子犬にとっての喜び

・子犬のしつけがしやすい

・ご褒美がもらえると思う

という3つが挙げられますので、これらについて解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.子犬にとっての喜び

 

 

子犬だけではなく、犬にとって普段の食事の他におやつをもらえるという事は、とても嬉しいことです。

 

いつでも、好きなだけおやつを与えてしまうのは健康上、あまり良くないことですが、1日に1回程度与えるのはいいでしょう。

 

その与えるタイミングをしつけの時にするのはオススメです。

 

しつけの時におやつを与えると決めていれば、無駄におやつをあげすぎずに済みますし、飼い主とのコミニュニケーションもスムーズにいくようになります。

 

ただし、いくら子犬のしつけにおやつがオススメといっても、生後4ヶ月未満の子犬には注意が必要です。

 

また、何のおやつでもいいという訳でもなく、子犬が食べやすくカロリーも多すぎないおやつを選んであげる必要もあります。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.子犬のしつけがしやすい

 

子犬にしつけを行う際に、子犬がきちんと出来た時に、おやつを与える事によって、子犬も嬉しい気持ちになりますし、嬉しいからもっと出来るようになろうとしつけを早く覚えてくれるようになります。

 

はじめのうちは、おやつ欲しさに覚えているだけだと思いますが、繰り返すことで子犬も自然にインプットされていきますので、おやつを使用したしつけはオススメです。

 

ただし、子犬によっては、おやつに釣られない子もいます。

 

我が家の愛犬もそうでしたが、あまりおやつに興味があると言うわけではなく、おやつ欲しさに何かを覚えるという事はなかったので、そういう子犬の場合には、おやつ以外の方法を試して見ましょう。

参考

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

 

 

その3.ご褒美がもらえると思う

 

先にも書いたように、子犬にしてみれば、飼い主の言う事をちゃんと聞けばおやつがもらえると思いますので、ご褒美欲しさに飼い主の言う事を覚えてくれるようになります。

 

飼い主にしても、ご褒美をもらって喜んでいる子犬を見るのは嬉しいですし、子犬の嬉しそうな顔を見れば、しつけを頑張って良かったと思えることでしょう。

 

しつけの際に、おやつがオススメな理由として、子犬も飼い主も楽しくしつけが出来るという点もあります。

 

どうしても、しつけだけを考えてしまえば、お互い嫌になったり、ついイライラしてしまう場合もあるでしょうが、楽しく自然にしつけをする事で、お互いにとっていい結果がでますので、子犬のしつけをする際には、ただ頑張るだけにしないようにしましょう。

参考

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

子犬のしつけにおやつを使用するのがオススメの理由を見ていきましたが、

出来ればおやつを与えなくてもしつけが上手に出来るようになるのが望ましいです。

 

ですが、子犬もおやつをもらえることで、進んで覚えようとしますし、飼い主にとっても、しつけが早く終了するのは望ましい事なので、オススメという程度で参考にしてみて下さい。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけの順番は何を最優先にすべきか5つの重要性を徹底解説!

⇒犬のしつけの基本で飼い主が絶対にすべき必要な6つのしつけとは?

⇒犬のしつけはいつまで?年齢に関係無くしつけをする大切な方法とは?

⇒犬のしつけは何歳から?愛犬を効果的にしつける3つの方法とは?

⇒犬のしつけ時間!効率的に覚えさせるのに1番効果的な時間とは?

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!遊びながら楽しくしつけを覚えさせる3つのコツとは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す