あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【完全保存版】子犬の育て方!生後1ヶ月のご飯を与える3つの注意点とは?

 

生後1ヶ月の子犬はまだ生まれて間もないので、子犬の育て方も注意が必要ですね。

 

また、生後1ヶ月の子犬のご飯も、ほとんどは母犬の母乳やミルクなどになります。

 

今回は、生後1ヶ月の子犬の育て方で大切なご飯について、気をつけなければいけないこととして、

・母犬の母乳

・固形物を与えない

・食事の量

これら3つが非常に重要なので1つずつ解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.母犬の母乳の場合とは?

 

 

生後まもない子犬は、ほぼ母犬が面倒を見ることが多いのですが、ご飯も母犬の母乳になります。

 

母犬の母乳は、子犬にとってとても大切な栄養ですから、この時期は母犬と離さないようにしましょう。

 

何らかの事情で、母犬が育てられなかったり、母乳がもらえなかったりすれば、人間の手で面倒を見たり、ご飯を与えることになりますが、1ヶ月未満の子犬のご飯は、ミルクがメインで、1ヶ月を過ぎたあたりから、離乳食を与えるようになります。

 

離乳食は、ドライフードを水やお湯でやわらかくふやかした物になります。

 

我が家の先代の愛犬が小さかった頃も、ドッグフードをふやかして与えていたことがありました。

 

子犬の体の大きさに合わせて、食べやすいようにやわらかくしたり、小さく潰してあげるようにしましょう。

 

今では、そのまま離乳食として与えられるフードも市販されていますので、子犬が好んで食べれるようなものを与えてあげましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.固形物を与えない

 

1ヶ月未満の子犬に固形物は与えないように気をつけましょう。

 

まだ、歯も生えていなかったり、噛む力も弱い子犬に固形物を与えてしまっては、窒息する恐れがあります。

 

1ヶ月前後の子犬であれば、ある程度歯も生えそろいますが、あまり固い物はかじることが出来ません。

 

ドッグフードもウェットタイプのものなどを与えるようにすれば、子犬も食べやすいので、子犬のご飯を選ぶ際には、やわらかくて食べやすい物を優先的に考えてあげましょう。

 

 

その3.食事の量

 

1ヶ月くらいの子犬は、体も小さいので1度に多くのご飯を食べることができません。

 

1回の量は少なめにして、1日に数回分けて与えるようにしましょう。

 

1ヶ月くらいの子犬には、たくさん食べさせても大丈夫ですので、まずは体を丈夫に大きくなるように育ててあげましょう。

 

子犬が食べ残しをしたものは、次にとっておかないでこまめに捨てるようにして下さい。

 

はじめは、どのくらいあげれば子犬が満足するかが分からないかもしれませんが、数回ご飯を与えるうちに、ある程度の量が分かってきます。

 

無駄にあげすぎないように、子犬が食べれるくらいずつ、分けて与えてあげてくださいね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

生後1ヶ月の子犬の育て方で大切なご飯について見ていきましたが、ご飯だけではなく、1ヶ月の子犬の育て方は、何かと注意が必要になります。

 

本や、ネットでも様々な1ヶ月の子犬の育て方やご飯の与え方など見ることが出来ますので、参考にしてみるのもいいでしょうが、本やネットの通りにいかないのが当たり前ですから、深く悩まないように、愛情を持って育ててあげてくださいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

           

コメントを残す