あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【完全保存版】子犬の育て方!生後2ヶ月のご飯を与える3つの注意点とは?

 

生後2ヶ月の子犬の育て方、大切なご飯の与え方として重要なことは、早い子では大分歯が生えそろってきて、離乳食も卒業できるかどうかのタイミングになってきます。

 

今回は、生後2ヶ月の子犬の育て方で、大切なご飯の与え方について、

・食事の量

・食事の回数

・食事の選び方

これらを注意しなければいけませんので、1つずつ解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.食事の量

 

 

2ヶ月の子犬の食事の量は、子犬の体重によっても変わってきます。

 

一般的には、

・小型犬で約60~70グラム

・中型犬で約140~150グラム

・大型犬で210~220グラム

以上が1日に与える量と言われていますが、活発な子犬とおとなしい子犬では消費カロリーも異なってきますので、絶対にこの量と言うわけではありません。

 

基本的には、子犬が満足する量を与えるのがいいとされていますが、よくご飯を食べる子犬は、消費カロリーよりも栄養が多くなってしまいますので、太りやすくなってしまいます。

 

太りやすい体質なってしまうと、後々病気や怪我などの心配も増えてきますので、やはりコントロールしてあげることが大切です。

 

もしも、子犬がご飯の量が少なくて、お腹が空いて眠れないとか、要求するようであれば少し増やしてあげるのはいいでしょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.食事の回数

 

2ヶ月の子犬の育て方で大切なご飯の量は、1日に5回くらいと言われています。

 

2ヶ月の子犬は、まだあまり多く食べることが出来ませんので、こまめに分けて与えるようにしましょう。

 

また、小型犬の子犬はお腹が空いてしまうと低血糖症を引き起こしやすくなりますので、1度にたくさんのご飯を与えるのではなく、数回に分けて空腹をなくしてあげる工夫も必要です。

 

 

その3.食事の選び方

 

我が家の愛犬は、基本ドッグフードで育てていましたが、野菜や塩分控えめの食事なども与えることがありました。

 

あまり早くから、人間と同じ食事を与えては、子犬にとって必要な栄養が十分取れなかったり、ドッグフードを食べなくなったりしてしまうので、注意が必要になります。

参考

⇒犬のしつけ!人の食べ物を欲しがらない様にする3つの簡単な方法は?

 

ドッグフードではなく、手作りのご飯を当てたいと思うのであれば、カロリーコントロールをしながら、与えていい物、悪い物をしっかりと考えて与えるようにしましょう。

 

子犬は、消化器官が未発達ですから、消化の良いご飯を与えるようにしましょう。

 

例えば、お肉やお魚類は消化、吸収もしやすいですが、穀物類は消化、吸収が苦手ですし、稀にアレルギーをおこしてしまう可能性もあります。

 

栄養面をしっかりと考慮しながら、消化、吸収のいいご飯を与えるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

2ヶ月の子犬の育て方として、ご飯の与え方について見ていきましたが、全ての子犬が当てはまるわけではありません。

 

同じ2ヶ月の子犬の育て方でも、犬種、個体差などによってご飯の与え方も変わってきますので、あくまでも参考にして見てくださいね。

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

           

コメントを残す