あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【完全保存版】生後1ヶ月の子犬の育て方で本当に重要な3つの事とは?

 

生後1ヶ月の子犬は生まれたばかりなので、感染症やちょっとしたことでも命を落としかねないので子犬の育て方も注意が必要になります。

 

そこで、今回は1ヶ月の子犬の育て方として、

・母犬、兄弟犬のそばに居させる

・食事の与え方

・感染症の注意

これらが非常に重要になってきますので、1つずつ解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.母犬、兄弟犬のそばに居させる

 

 

生後1ヶ月の子犬は、まだ目が見え始めたばかりですので、これからいろんなことを覚えていく時期です。

 

1ヶ月の子犬にとって1番大切なのが母犬の存在ですので、問題がない限りは母犬と離さないようにして下さいね。

 

この時期の子犬の面倒は、ほぼ母犬が見ることになりますが、何らかの事情で母犬が面倒を見れない場合は、補助的に飼い主が面倒を見てあげる必要が出てきます。

 

1日中、母犬と共に過ごすことで、栄養をもらったり、いろんな知識を母犬から与えてもらうことになりますし、また、社会性を身に着ける上でも非常に重要な時期になってきますので、兄弟犬と一緒に過ごさせ、思い切り遊ばせてあげることも大事になってきます。

 

しつけなどは1ヶ月の子犬には必要ありませんので、とにかく大切に育てることに専念しましょう。

 

スポンサードリンク





 

 

その2.食事の与え方

 

生後1ヶ月の子犬の食事は、母犬の母乳やミルクなどがメインとなりますが、歯が生え始める時期でもありますので、1ヶ月前後から離乳食も取り入れるようにしましょう。

 

離乳食といっても、固形のものはまだ食べられませんので、ドッグフードなどをお湯でふやかして小さく潰して、食べやすいように与えてあげてください。

 

また、1度に多くの量も食べられませんので、数回に分けて少しずつ与えるようにしましょう。

 

市販されている離乳食も、栄養価が高いものがありますので、取り入れて見るのも良いですね。

 

子犬がしっかり食べてくれるような食材で、安全な食べ物を与えるようにして下さい。

参考

⇒【完全保存版】子犬の育て方!生後1ヶ月のご飯を与える3つの注意点とは?

 

その3.感染症の注意

 

生後1ヶ月の子犬は母犬からの免疫がなくなり始める時期ですので、いろんな感染症の心配が出てきます。

 

生後6週目にもなれば、1回目のワクチン接種が必要になりますが、ワクチンを接種するまでは、外に連れ出したり、家族以外の人などに触れさせないように気をつけましょう。

 

また、室内の温度調節なども考えてあげる必要も出てきますので、暑すぎたり寒すぎたりしないように気をつけてあげて下さいね。

 

大型犬の子犬でも、生後1ヶ月の子犬は体も小さいですし、免疫もありませんので、外で飼わないようにして下さい。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

1ヶ月の子犬の育て方を見ていきましたが、他にも気をつけなければいけないことは沢山ありますし、それ以降の子犬の育て方にも違いが出てきます。

 

ここに記載した、1ヶ月の子犬の育て方を参考に、大切に大きく育ててあげるようにがんばりましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒【完全保存版】子犬の育て方!生後1ヶ月のご飯を与える3つの注意点とは?

⇒【完全保存版】生後2ヶ月の子犬の育て方で愛犬に必要な3つの事とは?

⇒【完全保存版】生後3ヶ月子犬の育て方であなたがすべき3つの事とは?

⇒【完全保存版】生後4ヶ月の子犬の育て方で愛犬にすべき3つの事とは?

⇒【完全保存版】生後5ヶ月の子犬の育て方であなたがすべき3つの事とは?

⇒【完全保存版】子犬の育て方!生後1ヶ月のご飯を与える3つの注意点とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す