あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

【完全保存版】生後5ヶ月の子犬の育て方であなたがすべき3つの事とは?

 

生後5ヶ月の子犬の育て方として大切なのは、飼い主さんとの信頼関係を築くことが需要になります。

 

生後5ヶ月の子犬の育て方といっても、基本的なことは今までとあまり変わりはないのですが、自我が芽生えてきますし、その子犬の性格も強く現れてきます。

 

そこで、今回は生後5ヶ月の子犬の育て方として、

・飼い主との信頼関係を築く

・食事

・室外で飼う場合

これらについて、1つずつ解説していきます。

 

			

スポンサードリンク






 

その1.飼い主との信頼関係を築く

 

 

生後5ヶ月の子犬の育て方で、信頼関係が大切とお話ししましたが、この時期の子犬は自我が芽生えてきていますので、飼い主に対して不信感や恐怖心を覚えると、飼い主の言うことを聞かなくなったり、反抗的な態度をとったりしてしまいます。

 

これは、子犬が悪いのではなく、今までの飼い主さんの育て方が間違っていた場合が多いのですが、1度信頼をなくしてしまえば、なかなかすぐには信頼を取り戻す事はできなくなってしまいます。

 

子犬は、飼い主さんに守られていると言う安心感が必要ですから、飼い主が頼りなかったり、喜怒哀楽が激しすぎたりすれば、飼い主に対して信頼をもてなくなってしまいます。

 

飼い主さんとして、子犬に信頼を寄せてもらえるように、気分やその時の感情で子犬に接するのではなく、常に愛情を持って接するように心がけましょう。

参考

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

 

 

その2.食事

 

生後5ヶ月の子犬の食事は、1日に2回で良いでしょう。

 

子犬は生後半年くらいで歯の生え変わりを終えますので、乳歯が抜けて新しい歯が生え始めている子犬も多くなります。

 

ちなみに我が家の先代の愛犬は、知らないうちに歯が抜けていることが多かったのですが、硬いガムなどを与えて、早めに抜けるようにしてあげるのもいいですね。

参考

⇒【完全保存版】ずっと使える!長持ちする犬の噛むおもちゃ3選!

 

栄養管理をするのはもちろんですが、体重管理も必要になってきますので、子犬が食べたがるからと言って沢山の量をあげすぎないように、気をつけましょう。

 

おやつなどを与える場合にも、1度に沢山あげすぎないように気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク





 

 

その3.室外で飼う場合

 

大型犬などは、室内ではなく室外で飼われる場合が多いと思いますが、生後5ヶ月くらいの子犬であれば室外で飼えるように犬小屋やサークルなどを用意するようにしましょう。

 

また、室外で飼う場合、他の人の迷惑にならないようにしつけも必要になりますし、トイレの場所なども考えてあげなければいけません。

 

犬小屋は、出来れば家族の目の届く範囲で、なるべく人が通らない場所がいいでしょう。

 

夏場は暑すぎず、冬場は寒すぎないように、気をつけてあげることも大切になってきます。

 

また、夜中に寂しくて吠えてしまう場合もありますので、そういった場合の対策や、夜は玄関先で寝かせる場合など、室内、室外どちらでも過ごせるような工夫なども必要になってきます。

参考

⇒犬の飼い方で室外で初めて飼う場合3つの絶対に必要な事とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

生後5ヶ月の子犬の育て方について見ていきましたが、大型犬の子犬では体格も成犬と同じくらいになる子もいます。

 

5ヶ月の子犬の育て方は、何より飼い主との絆をしっかり強めることが大切になりますので、飼い主として気合を入れなおして、子犬に対して責任を持つようにしていきましょう。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけでおすわりを覚えさせるたった1つの簡単なコツとは?

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

⇒【劇的な効果】子犬に噛む事をやめさせる3つのパターン別対処法とは?

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

⇒子犬が散歩中にリードを引っ張る事をやめさせる3つの改善策とは?

⇒子犬が散歩を嫌がる時にあなたが絶対に試すべき3つの対処法とは?

⇒犬の飼い方で室外で初めて飼う場合3つの絶対に必要な事とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す