あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬の飼い方!絶対に覚えておくべきケージの必要性と選び方とは?

子犬 飼い方 ケージ01.1

 

今回は、子犬の飼い方の中でケージで気を付ける事について見ていきます。

 

初めて犬を飼う方にとっては、ケージについてあまり分からないてんがあるかと思います。

 

子犬の飼い方やケージについては、他の記事でも書いていましたが子犬のケージでの飼い方は詳しくは書いていなかったかなと思い、少しつけたしみたいになりますがご紹介してみようと思います。

 

参考

⇒犬の飼い方!ケージを使う2つのメリットとは?

 

			

スポンサードリンク






 

ケージの大きさは?

 

子犬 飼い方 ケージ01.2
出典:www.dogtrainingbasics.com

 

子犬を迎えて、初めてケージを購入する時は悩むと思います。

 

あまり大きすぎても落ち着かないし、かといって小さくても、大きくなってから使えなくなってしまいますよね。

 

出来れば寝る所と、トイレは一緒ではなく離して置けるくらいのスペースがあればいいのではないでしょうか。

 

寝る場所もトイレも一緒だと、トイレシートの上に寝る事になる訳ですから衛生上も問題がありますよね。

参考

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

 

寝る場所だけに使用するなら、子犬が成犬になった時の事を考えて、少し大きめでもいいとは思いますが、子犬の間はタオルなどを入れてあげて子犬がゆっくり安心して寝れるようにしてあげて欲しいと思います。

 

飼い方の問題というよりは様々な理由で、自分の糞を食べてしまう子犬もいます。

 

または、自分の糞などを踏んでしまって、体中糞まみれなんて事も珍しくはありません。

 

子犬はすぐにトイレシートもグチャグチャにしてしまいますので、こまめに交換してあげるのもいいですね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

ケージの種類

 

一言でケージといっても、種類が多いのですぐには選べないと思います。

 

同じ子犬と言っても、小型犬の子犬と大型犬の子犬では大きさも力も違いますよね。

 

その犬種に合わせて丈夫なケージを選んだり、ケージを飛び越えないように屋根がついているタイプの物を選んだりと、考えなければいけないことは結構多いですが、せっかく購入した物を無駄にしないようによく考えて選んであげて欲しいと思います。

 

子犬を迎える前から準備しておけば慌てなくてすみますね。

 

 

ケージの必要性

 

これも飼い主の飼い方によって分かれるとは思いますが、ケージは自分が安全にいられて落ち着ける場所ですね。

 

我が家では子犬のうちからケージは置いていませんので、自分の好きな場所で休んでいます。

 

とは言っても、ほとんどベッドかソファーの上が多いですね。

 

これは私が日中家にいたから出来た事なのですが、もしも仕事などで留守が多い家庭などでは、放し飼いにしておけば危険もありますので、安全性を確保するのであればケージでお留守番もいいとは思います。

 

ただし、絶対に「おしおき」で閉じ込めるとか、うるさいから入れておくなどのケージの使い方だけはしないで欲しいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

今は使い勝手が多いケージが沢山ありますので、ご家庭の犬に合ったケージを選んであげて下さい。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬の飼い方!ケージを使う2つのメリットとは?

⇒犬のトイレのしつけに役立つサークル選びの5つのポイントとは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す