あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のしつけで愛犬に吠えることを絶対させない簡単な散歩の仕方とは?

犬 しつけ 吠える 散歩01.1

 

今回は犬の散歩の時に吠えをさせないしつけの仕方を書きたいと思いますが、散歩中に他の犬などを見かけて吠えられると飼い主も少し恥ずかしい気分になりますよね。

 

また、小さな子供やご年配の方などに吠えられてびっくりされたり、怖いと思われても困ってしまいます。

 

散歩中に犬が吠えるのは言い事はないのでしつけはしっかりとしていきたいですね。

 

			

スポンサードリンク






 

他の犬に吠える場合は?

 

犬 しつけ 吠える 散歩02.1
出典:www.houstonpettalk.com

 

散歩中に他の犬に合うと吠える犬はよく見かけますが、たいていは小さな体の犬が大きな体の犬に対して吠えるような気もします。

 

大きい体の犬は飼い主のしつけもあると思いますが、小さい体の犬に吠えられても平然としていますね。

 

体の大きさはあまり関係ないのかも知れませんが、恐怖心から吠える事もあると思います。

 

他の犬に慣れていなかったり、自分より大きい犬に対して威嚇して自分を大きく見せる場合もありますし、または散歩の時に他の犬に吠えられたり近寄ってこられて怖い思いをした場合にも吠えることがあるようです。

 

他の記事でも書きましたが、そういう場合には待てのしつけが役に立ってきます。

参考

⇒犬のしつけ!待ての覚えさせ方と重要性とは?

 

犬が興奮し出したら待てと声をかけて、犬を落ち着かせることで犬も吠えるのをやめてくれます。

 

または、他の犬が見えたら一旦犬を座らせて待ての号令をかけて他の犬が通りすぎてもそのまま吠えなければしっかりと褒めてあげて下さいね。

 

もし吠えてしまうようだったらアイコンタクトを取り、他の犬をずっと見せないようにすれば犬も初めはソワソワすると思いますが、飼い主もしっかりと声をかけてあげて落ち着かせれば吠えなくなってきますのでアイコンタクトのしつけも役に立つと思います。

参考

⇒犬のしつけ!おすわりのしつけの仕方と必要性とは?

 

 

スポンサードリンク






 

 

ちなみに我が家の愛犬は車に乗っていればたまに他の犬を見かけて吠えることがありますが、「いけない」と声をかけて目線を合わせてあげれば落ち着いてきます。

 

でも、吠えるのは車の窓が閉まっている時のみで、少しでも窓が開いていれば絶対に吠えない臆病者です。

 

飼い主のしつけ方としては駄目なのですが結構笑えます。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

他の犬に吠える場合は、興奮していたり、恐怖心の場合が多くあります。

 

まずは、ご主人と一緒だから「安心していいんだよ」、という信頼関係を作りましょう。

 

散歩中に犬が吠えるのをやめさせるのも飼い主のしつけ方で治りますので、楽しい散歩の時間にする為にもがんばってしつけをして下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけ!待ての覚えさせ方と重要性とは?

⇒犬のしつけ!おすわりのしつけの仕方と必要性とは?

⇒犬のしつけ!無駄吠えを無くす簡単な3つのコツとは?

⇒犬のしつけ!威嚇する原因と、威嚇をやめさせる簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!リードの種類とリードを使った簡単なしつけ方法とは?

⇒子犬のしつけ!散歩に慣れさせるコツとしつけ方とは?

⇒犬のしつけ!拾い食いさせない散歩のさせ方とは?

⇒犬のしつけ!引っ張ることを散歩中に止めさせる簡単なコツとは?

⇒犬のしつけ!吠えることをしない散歩のやり方とは?

⇒犬のしつけ!初心者が散歩の時に気を付ける基本的な3つの事とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す