あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のしつけを英語と日本語で教える事は犬にとってどちらが良いのか?

犬 しつけ 英語 日本語01.1

 

犬にしつけを行う際には、家族全員が同じ言葉でしつけをしないと、犬も何を言われているのかわからなくなりますよね。

 

一人でしつけを行う場合には問題はないのですが、教える人が数名いると、いつのまにか違う言葉になってたりする事もあります。

 

今回は、犬のしつけの時の言葉、英語と日本語どちらがいいかについて書いてみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

しつけの言葉

 

犬 しつけ 英語 日本語02.1
出典:nekogazou.com

 

皆様は犬にしつけを行う際、英語と日本語とどちらで教えているでしょうか。

 

我が家の場合は、日本語で教えていますが、基本的にはどちらでも好きなほうでかまわないと思います。

 

英語で教えるメリットは言葉が短い分、犬も覚えやすいというのもありますし、日本語であれば同じ言葉でも、発音によって意味が違ってきますので、犬が混乱しなくていいと言う事もありますね。

 

ただし、英語で教える場合には、とっさに日本語が出てしまう可能性もあると思います。

 

例えば、普段は何かいけない事をした時に「ノー」と教えていても、お散歩の時などに急に犬が走ったりしたら「ダメ」と言ってしまいそうになる場合もあると思います。

 

飼い主も普段から使い慣れていないと、とっさの時に犬に的確な指示を与えれなくなりますので、飼い主の英語の慣れも必要になってきますね。

 

家などでは英語で普通にしつけが出来ても、外に出て人が沢山いれば、英語を言うのもはずかしくなる時もあるかもしれません。

 

また、数名でしつけを行う際にも、英語でしつけをすると決めたのならば、全員が英語でしつけをしなければいけなくなります。

 

小さい子供さんなどがいるご家庭では、難しくなる場合もあると思いますが、英語と日本語と混ぜてしまえば、犬も困ってしまいますので、英語なら英語、日本語なら日本語でしつけを行うようにして下さいね。

 

日本語でしつけをする場合でも、同じ言葉でしつけをしないといけないですね。

 

例えば、お座りをさせる場合にも「お座り・座って・座れ」など、人間であれば全部同じだとわかりますが、犬にとっては違いがわからなくなりますので、一つの言い方で教えるようにして欲しいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

ちなみに我が家では、しつけの仕方に反していますが、けっこうバラバラです。

 

出かける時も、「仕事に行ってくるからね」とか「お買い物だよ」とか人間に言うように言っていますが、長く一緒にいるとすぐに帰ってくるのか、時間がかかるのかがわかるみたいで、仕事の時は後追いもしなくなりました。

 

買い物などの時は少し吠えて後は静かになったり、「すぐ帰ってくるよ」と言って出かければ、玄関で待っていたりします。

 

犬もわかるんだなとつくづく感心しますが、しつけの基本は同じ言葉ですので、我が家の悪い例は参考になさらないようにお願いいたします。

 

 

英語でも、日本語でも飼い主の方が言いやすいしつけの仕方で、犬に教えてあげるようにして下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

           

コメントを残す