あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のしつけ!物を噛むクセをやめさせる簡単な方法とは?

犬 しつけ 物を噛む01.1

 

犬のしつけで物を噛むという事について、書いてみようと思いますが、犬が物を噛むのにも理由がありますよね。

 

遊んでいるつもりで物を噛むとか、怖くて攻撃的に物を噛むなどあると思いますが、危険なものや噛んで欲しくない物などもあると思います。

 

今回は、物を噛む犬のしつけ方法に重点を置いて、かいてみたいと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

物を噛むということとは?

 

犬 しつけ 物を噛む02.1
出典:www.cesarsway.com

 

初めに犬が物を噛む時には理由があると書きましたが、幼犬の場合などは歯の生え変わりで痒くて物を噛む時があります。

 

その際には、噛んで遊べるおもちゃなどを与えてあげてもいいでしょうし、固めのガムなどを与えてあげればいいでしょう。

参考

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

 

おもちゃやガムなどは、他のしつけにも使えますので、しつけ用の道具を用意しておくのもいいですね。

 

 

スポンサードリンク






 

 

我が家の愛犬は、あまり物を噛むということがなかったので、そんなに苦労はしませんでした。

 

逆におもちゃなどを与えても遊んでくれず、人に撫でられている方がいい犬だったので、せっかく買っても無駄になってしまうので、あまり買ったこともありませんでした。

 

犬に噛んで欲しくない物は、なるべく犬の行動範囲内に置かないようにするのもいいですね。

 

テーブルやソファーなどは、なかなかそうも行きませんが、電気のコードや飼い主の洋服や靴下などは、犬の目の届かない場所に置くように飼い主も気をつけた方がいいですね。

 

犬が噛んではいけない物を噛んでいる時は、すばやく「いけない」などと注意して、噛んでもいいおもちゃなどと取り替えてあげるのもいいでしょう。

 

噛んでいる物をなかなか離してくれない時には、大きな音を出したり、音のなるおもちゃなどで注意を引いて、離したすきに取り替えるようにすればいいです。

 

急に取り上げようとすると、犬も引っ張りっこをして遊んでいるかもと思ったり、手に噛んでしまう場合もありますので、犬の様子を見ながら交換してあげて下さいね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

愛犬の噛むのをやめさせるしつけの仕方を見てきました。

 

ですが、間違っても、噛んではいけない物を噛んでいるからといって、体罰などは与えないようにして下さいね。

 

遊びながら時間をかけて、噛んではいい物といけない物を教えてあげるようにしましょう。

 

犬が物を噛むのを止めさせるしつけ方法は、他にもありますが、幼犬の頃からきちんとしつけをしないと、成犬になっても噛み癖が治らなくなって被害が大きくなりますので、幼犬の時や家に迎え入れてすぐから、しつけをするようにして欲しいと思います。

 

初めのうちは犬も噛んではいい物と、いけない物の区別がつかないので大変でしょうが、遊びながら教える事によって、ちゃんと覚えてくれますので頑張って下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬の飼い方で甘噛みを直す簡単な2つのしつけの覚えさせ方とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す