あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のしつけ!愛犬に絶対に拾い食いさせない簡単な散歩のさせ方とは?

犬 しつけ 拾い食い01.1

 

お散歩をしている時に、いろんなものが落ちているので、拾い食いをしてしまう場合がありますよね。

 

拾い食いは、しつけを行って直さないと、衛生上の問題もありますし、健康面でも問題になってきます。

 

食べてはいけない物や、汚い物を拾い食いしてしまうのは、飼い主にも嫌な物です。

 

今回は拾い食いを治す犬のしつけ方を、ご紹介してみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

拾い食い

 

犬 しつけ 拾い食い02.1
出典:inusodate.com

 

我が家でも、外を歩かせる時は落ちている物には注意をしています。

 

ほかの犬の糞や、吐き出したガムなど、拾い食いをする事はないのですが、匂いを嗅がれるのも嫌ですよね。

 

匂いを嗅ぎそうになったら、名前を呼んで注意を引き付け止めさせるようにしていますが、小さい物など見逃してしまう場合もあります。

 

拾い食いを治すには、飼い主も常に気をつけて見ていなければいけなくなりますよね。

 

楽しいお散歩も、あまり気を使ってしまうと苦痛になってしまいますので、犬が拾い食いをしないようにしつけをしていれば、飼い主も犬も安心してお散歩が出来ますよね。

 

リードをつけてお散歩をさせている時には、犬が拾い食いをしようとしたら、リードを引っ張って静止させるのも効果的ですね。

参考

⇒犬のしつけ!リードの種類とリードを使った簡単なしつけ方法とは?

 

 

スポンサードリンク






 

 

お座り・待てなどのしつけが出来ていれば、それを行うことによって、静止させる事が出来るので、拾い食いをする前に止めさせる事も可能ですね。

参考

⇒犬のしつけ!おすわりのしつけの仕方と必要性とは?

⇒犬のしつけ!待ての覚えさせ方と重要性とは?

 

服従訓練にもなるのですが、犬が何かを食べる前に、飼い主の顔を見てお伺いを立てるしつけの仕方もあります。

 

服従訓練はあまり好きではないと書いてますが、犬の安全を守る為に行うのであれば、行ってみるのもいいと思います。

参考

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

 

このしつけ方は、犬が何かを食べる前に勝手に食べるのではなく、いったん飼い主とアイコンタクトをとって、飼い主の「よし」などの言葉で食べ始めるというものですが、拾い食いや盗み食いをしないしつけにも効果的ですね。

 

基本のお座り、待てなどが出来るのであれば、教えるのはそう難しくはないと思いますので、お座りなどを教える際に一緒に教えるのもいいでしょうし、すでに覚えているのであれば、新たに「待て」の状態から「よし」をしっかりと覚えさせればすぐに出来るようになると思いますので、試してみて下さい。

参考

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

 

 

スポンサードリンク





 

 

お互いに楽しむのがベストです

 

拾い食いは、犬にとって危険が多いので早く覚えさせようと焦りますが、犬にしつけを行う際にはお互いに楽しみながら行うのが、一番早く覚えてくれます。

 

飼い主も犬もストレスをためずに、遊び感覚であせらずゆっくりとしつけを行っていく方がお互いの為にもなりますので、楽な気持ちでしつけを行って下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけ!リードの種類とリードを使った簡単なしつけ方法とは?

⇒犬のしつけ!おすわりのしつけの仕方と必要性とは?

⇒犬のしつけ!待ての覚えさせ方と重要性とは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

⇒犬のしつけ!リードの種類とリードを使った簡単なしつけ方法とは?

⇒子犬のしつけ!散歩に慣れさせるコツとしつけ方とは?

⇒犬のしつけ!拾い食いさせない散歩のさせ方とは?

⇒犬のしつけ!引っ張ることを散歩中に止めさせる簡単なコツとは?

⇒犬のしつけで愛犬に吠えることを絶対させない簡単な散歩の仕方とは?

⇒犬のしつけ!初心者が散歩の時に気を付ける基本的な3つの事とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す