あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬のしつけ!興奮した時に落ち着かせる方法とコツとは?

子犬 しつけ 興奮01.1

 

今回は、子犬が興奮したときに落ち着かせるしつけ方法のお話です。

 

まだ、小さな子犬は遊びに夢中になると、興奮してしまう場合が多いと思います。

 

いったん興奮しだすと、なかなか手に負えなくなってしまう場合もありますよね。

 

子犬だからといって、興奮している場合には飼い主の声も耳に入らなくなる場合もありますので、興奮しだしたら落ち着かせるしつけをしなければいけませんね。

 

そのしつけ方法をご紹介しますね。

 

			

スポンサードリンク






 

興奮する前に止めるしつけを心がけましょう

 

子犬 しつけ 興奮02.1
出典:can-do-canines.org

 

我が家の愛犬も子犬の時は、一度興奮しだすと部屋中走り回って、いくら落ち着かせようと抱っこしても、下ろすとまた興奮しだしたりしていましたが、走り回っている子犬を抑えるのも大変ですよね。

 

上手く抱っこできたとしても、暴れたり噛み付いてしまう場合もありますし、走り回っていろんな物にぶつかって、床に置いておいた物をひっくり返したり、自分で頭をぶつけたりして危険な場合もありました。

 

そんな時に、待てとかいけないなどのしつけが出来ていれば、言う事を聞く場合もあるのですが、興奮しすぎればその静止させるしつけも、耳に入らなくなってしまいます。

 

小型犬の子犬なら、抱っこしたり押さえたりも比較的簡単なのですが、大型犬の子犬となれば、そう簡単にはいかないと思います。

 

子犬が興奮しだしたら、なるべく早い段階で子犬のマズル(口と鼻の部分)をにぎって抱きしめたり、抑えたりするしつけも効果があります。

参考

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

 

すぐに離してしまっては、またすぐに興奮するので、子犬が落ち着くまでマズルをにぎって離さないようにします。

 

子犬が興奮して飼い主に噛み付かないようにするしつけにも、役立つと思いますが、いったん落ち着けば、飼い主の声も届くようになるので、興奮して手に負えなくなる前に行うのがいいですね。

 

にぎっている間は、優しく声をかけてあげて下さいね。

 

そのままの状態で、怒ったり強い口調でどなったりすれば、子犬も逃げ出そうと暴れますので、優しく「落ち着いて」「いけないでしょ」など語り掛けるように、声をかけてあげて下さいね。

 

普段から元気のある子犬には、遊ばせたりお散歩をさせてストレスを溜めないようにしてあげれば、興奮するのも減ってくると思います。

 

元気がありあまっている子犬に、普段あまり運動もさせなければ、子犬もストレスが溜まってしまいますので、遊ばせる時はしっかりと遊ばせたり、お散歩も子犬が疲れるまえしっかりと歩かせたりするのも、興奮しないようにさせるのに、必要になってきます。

 

 

スポンサードリンク





 

 

遊びの中にしつけを取り入れてみましょう!

 

子犬のうちにしつけを行っておいたほうが、成犬になってから大変な思いをしなくても、済むようになりますので、子犬を迎える方や、子犬を飼われている方は、早い段階でしつけをしていくようにしたいですね。

 

子犬との遊びの中に上手にしつけを取り入れて、子犬もストレスにならないようなしつけをしていきましょうね。

参考

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけ!マズルコントロールのメリットと簡単なやり方とは?

⇒犬のしつけをゲームを通して教え信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

⇒犬のしつけでおすわりを覚えさせるたった1つの簡単なコツとは?

⇒犬のしつけ! 怒ることでしつける弊害と注意点とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す