あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬のしつけ!主従関係の覚えさせ方としつけで1番大切な事とは?

子犬 しつけ 主従関係01.1

 

子犬のしつけで、主従関係というものがありますが、以前他の記事で、服従訓練の事を書きました。

 

その中で、個人的には服従訓練というのは、いかがなものなのかな?

 

と書いたのですが、今回の子犬のしつけの主従関係も同じ事が言えるので、前回の記事と合わせて、子犬のしつけの主従関係についての参考にしていただけたらと思います。

 

参考

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

 

			

スポンサードリンク






 

子犬との主従関係とは?

 

子犬 しつけ 主従関係02.1
出典:www.dogtrainingadvisor.com

 

本やネットなど、本当に多くの記事で、主従関係は大切だと目にしますが、はじめに子犬を迎え入れる時に、どんな思いで迎え入れるのか考えていただきたいなと思います。

 

なぜ、犬を飼うのか、犬を飼って何をしたいのか、よく考えてみれば答えは出てくると思うのですが、全て人間にとっての問題ではないかと思います。

 

子犬のうちから主従関係のしつけを行わなければいけないなどと、書いてある記事を見るたびに、愛情と信頼関係が必要なのではないかなと思います。

 

人それぞれ感じ方や、育て方は違いますので何とも言えませんが、必要最低限のしつけや、周りに迷惑をかけないしつけは、確かに必要ですよね。

 

ですが、犬よりも人間が先にご飯を食べるべきとか、犬のリーダーにならなければいけないとかは、よく理解が出来ないでいます。

 

我が家の愛犬は、確かにすごくわがままですし、しつけもさほど行き届いていませんが、他の人に迷惑をかけたり、困り者だと思った事はありません。

 

わがままでも元気でいてくれればいいですし、多少いたずらをしても、危険な目に合わなければいいと思っています。

 

子犬もずっと一緒にいれば、何がよくて何が悪いのかは自然に分かってくるものなので、本当に危険なものは飼い主が気をつけてあげれば、問題はないと思うのですが、皆様はどう思われるでしょうか。

 

おりこうさんな子犬であれば、飼い主は確かに楽ですよね。

 

でも、子犬と一緒に飼い主もいろんな事を学んで、共に成長していけばいいのではないでしょうか。

 

だからといって、何でも甘やかして子犬の好き勝手にさせているのも、良くはないですよね。

 

言葉の捉え方の違いもあると思いますが、人間の勝手な都合ではなく、子犬と飼い主の信頼と愛情を築くための主従関係であって欲しいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

子犬のための主従関係

 

子犬のための主従関係は、私個人的な考えなのですが、子犬が安心して過ごせる場所、子犬が愛情を感じられる飼い主、何があっても守ってもらえると言う信頼関係ではないでしょうか。

 

しつけにとらわれずに、子犬に信頼されるような飼い主であって欲しいなと思います。

 

私もいつまでも愛犬に飼い主として信頼されるように、愛情を注いでいこうと思っています。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけをゲームを通して教え、信頼関係を作る簡単な方法とは?

⇒犬のしつけ!犬が落ち着きがない理由と大人しくする簡単な方法とは?

⇒子犬のしつけ!興奮した時に落ち着かせる方法とコツとは?

⇒犬のしつけ! 怒ることでしつける弊害と注意点とは?

⇒犬のしつけの必要性!しつけをしないことで引き起こされる事とは?

⇒犬のしつけの順番は何を最優先にすべきかを徹底解説!

⇒犬のしつけ時間!効率的に覚えさせるのに1番効果的な時間とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す