あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

子犬のしつけ!飛びつきの危険性と止めさせる簡単なコツとは?

子犬 しつけ 飛びつき02.1

 

子犬のしつけで、飛びつきをやめさせるのも、大切な事になってきます。

 

子犬の間だけならまだいいのですが、成犬になってから飛びつきのしつけが出来ていなければ、思わぬ事故怪我などの原因にもなってしまいますので、子犬のうちにしつけを行っておいた方がいいですね。

 

今回は、子犬の飛びつきをやめさせるしつけをご紹介しますね。

 

			

スポンサードリンク






 

子犬の飛びつきは危険がいっぱい!?

 

子犬 しつけ 飛びつき01.1
出典:www.zimfamilycockers.com

 

子犬は飼い主が帰ってくれば、嬉しくて飛びつきをしてしまう場合がありますが、小型犬などの足が弱い犬の場合だと、子犬自体が怪我をしてしまう場合もありますよね。

 

ジャンプして、着地をした時に滑ってしまったり、転んでしまったりすれば、骨折してしまう可能性もありますし、捻挫や脱臼をしてしまう場合もあります。

 

大型犬の子犬だと、体も大きいので、飼い主が転んでしまう可能性もありますので、やはり危険が多くなってしまいます。

 

我が家の愛犬も、子犬のうちは飛びつきをしていましたが、一応骨の弱い犬種なので、あまりさせないように気をつけていました。

 

留守番をさせて帰ってくれば、愛犬も嬉しくて早く抱っこしてと、飛びつきをするのですが、靴を脱ぐのもそこそこに、しゃがんで抱っこしてあげていました。

 

ある程度、大きくばれば飛びつきも治まって、やらなくなってきましたが、たまに留守番が長すぎて寂しかった時には、飛びつきをしそうになる事もあります。

 

お座りや待てなどのしつけが出来ていれば、子犬の飛びつきを静止させる事も可能ですね。

参考

⇒犬のしつけ!おすわりのしつけの仕方と必要性とは?

⇒犬のしつけ!待ての覚えさせ方と重要性とは?

 

飛びつきは、興奮状態にありますので、まずは興奮をおさえてあげる必要があります。

 

いったん落ち着いてしまえば、子犬も飛びつきをしなくなりますので、お座りをさせて落ち着かせてあげると効果的ですね。

 

お散歩の時なども、飛びつき行為のしつけが出来ていなければ、危険な目に合う場合がありますよね。

 

他の人や、犬などにいきなり飛びつきをしてしまったら、自分の犬も危険ですが、相手の人やペットも思わぬ事故につながりかねません。

 

たまに、知り合いのお散歩中の犬などに合うときがありますが、私も相手の犬もよく知っているので、喜んで飛びつきをしてくる事があります。

 

私は知り合いの犬という事もあるので、あまり気にはしないのですが、大型犬なので押し倒されそうになる事もありますし、外で会っているので、服などが汚れる場合もあります。

 

これが、知り合いの犬ではなかったら、やっぱり少し困りますよね。

 

子犬のうちから、しつけをきっちりと行って、迷惑をかけないように育てて欲しいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

飛びつかれるのは嬉しいけど

 

子犬も、嬉しかったり楽しかったりして、飛びつきをしてしまうのですが、確かに愛犬に飛びつきをされれば、少し嬉しい気持ちにもなります。

 

ですが、しつけを行っていなければ、飼い主だけではなく、他の人に迷惑をかけてしまう場合もありますので、飼い主も嬉しいのを我慢して、飛びつきをやめさせるしつけを行っていきましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、子犬を元気に成長させる安心・安全な無添加ドックフードをご存知ですか?

⇒【子犬を健康に成長させる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬のしつけ!「おいで」の簡単に覚えさせるコツとは?

⇒犬のしつけ!服従訓練の重要性と信頼関係の作り方とは?

⇒犬のしつけ! お手を簡単に覚えさせる4段階の方法とコツとは?

⇒犬のしつけ!愛犬に「ふせ」の芸を簡単に覚えさせる3つの方法とは?

⇒犬のしつけ!愛犬に簡単にバンの芸を覚えさせるコツと方法とは?

⇒犬のしつけ!愛犬に仰向けを簡単に覚えさせる2つの重要なコツとは?

⇒犬のしつけ!「ちょうだい」を簡単に覚えさせる2つのコツとは?

⇒犬のしつけ!ボールを取って来る芸を簡単に覚えさせるコツとは?

⇒犬のしつけ!待ての簡単な覚えさせ方と待てが絶対に重要な理由とは?

⇒犬のしつけでおすわりを覚えさせるたった1つの簡単なコツとは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す