あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬の飼い方で一人暮らしの人が絶対に注意すべき5つのポイントとは?

犬 飼い方 一人暮らし01.1

 

現在、1人暮らしをしており、犬を飼おうかどうしようか迷っている方も多いかと思います。

 

家に帰って、犬がお迎えしてくれるなんて、1人暮らしにとっては、寂しさも少なくなり、生活も心も豊かになるかと思います。

 

ですが、ちょっと待ってください!

 

1人暮らしで犬を飼う場合、注意しておかなければいけない点が沢山あります。

 

今回は、そんな一人暮らしの方に向けての、犬の飼い方のポイントを見て行きましょう。

			

スポンサードリンク






 

私の場合

 

犬 飼い方 一人暮らし01.2
出典:www.1hitorigurashi.com

 

私自身、一年程一人暮らしをした事があります。

 

それまでは私も家にいたし、出かける時も誰かは家にいたので、さほど困ることはありませんでした。

 

それが、事情があって一人暮らしをするようになりました。

 

犬も一人で留守番させなきゃいけなくなった時に、一番心配だったのは、今まで一人にさせた事がないから、私が帰ってくるまで耐えられるのだろうかという事でした。

 

幼犬の頃から、一人で留守番をさせてたなら、寂しい気持ちはあるでしょうが、犬も慣れるので、寝ていたりして自分の時間が作れると思います。

 

ですが、成犬になってからでしたので、私も心配だし犬も慣れるまで相当寂しかったと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

出来るなら居ない時は誰かに見てもらう

 

45ee1be563a874f7c9cba551c13b95e4_s

 

犬の飼い方として、やはり、何でも途中からというのはお互いに問題が出てきますよね。

 

犬も今までずっと一緒にいた家族が、急に長い時間帰って来ないと、少しの時間いなくなるだけでも寂しいのに不安にもなりますね。

 

中にはストレスで、元気がなくなったり、ご飯を食べなくなったり、ひどくなれば毛が抜けてしまう場合も出てきます。

 

ですが、人間も仕事もあるでしょうし、何かの用事で長時間、家を空けなければいけない時も出てきます。

 

私の場合は、一人でお留守番をさせなければいけなくなった時に、一週間ほど母親に頼んで自宅で見てもらいました。

 

もちろん、私に何があっても犬が困らないように、母親には合鍵を渡してあります。

 

私がいない日もあるんだよ。

 

という事を教える為でもありましたが、私自身、気が気ではなかったのでお願いしていました。

 

それから、しばらくは母親の家に連れて行ってもらい、母親の家でお留守番させるようにしました。

 

徐々に一日置きとか、一週間に二回とか(私の休みもあるので結局ほぼ毎日頼んでましたが)間を空けて少しづつ慣れさせていくようにしました。

 

ですが、たまに一人でお留守番をさせた日の「置いていったママが悪い」とでもいいたげな、嫌がらせは多々ありますが、普通の犬なら多分そんな事はしないだろうと、信じています。

 

一人暮らしの方は、近くに実家などがあれば、頼んで見てもらうのも、お互い安心出来るので、いいのではないかと思います。

 

ただ、近くに頼める人がいない場合は、出来れば幼犬の頃から慣れさせるとか、飼い主の匂いがついている物を置いてあげて、安心できるようにしてあげるのもいいですね。

 

たまに、会社が近い人や時間の都合が出来る方など、かわいそうだからと帰って様子を見る人もいるらしいですが、何回も出たり入ったりは逆に落ち着かなくてかわいそうかなという気もします。

 

心配なのはわかりますが、犬も飼い主が帰ってきて嬉しいと喜んで、せっかく落ち着いていても、またいなくなられたら、寂しさが倍増するのではないでしょうか。

 

寂しい思いをさせた分は、家に帰ってからしっかりとスキンシップを取ってうめてあげたいですね。

 

 

お留守番出来る子に育てる

 

犬 飼い方 一人暮らし02.1

 

何でもそうですが、一人暮らしでの犬の飼い方として、しつけは重要です。

 

留守の時に寂しがって、ずっと吠えてたら迷惑もかかるし、犬も疲れますよね。

 

飼い主がいなくても、いたづらなどをしないように、しつけをするのもそうですが、危険なものを置かない事も重要です。

 

危ないからと、ケージに閉じ込めっぱなしもかわいそうですよね。

 

ある程度大きくなって、飼い主がいなくても、お利口に出来るようなら、寝る場所を置いてあげて自由にさせてもいいとは思います。

 

ですが、まだ少し心配という場合は、サークルなどを置くか、危険な場所にフェンスなどを置き、入れないようにしてもいいかと思います。

 

ただし、自由にさせる子でも部屋中どこでも開けっ放しとかは危険です。

 

犬のベッドがあり、トイレや水も飲めるようにしておくのは当たり前ですが、ベランダなどがある場合は鍵はかけて置いて下さいね。

参考

⇒犬の飼い方!留守番をさせる時に気を付けるべき3つの事とは?

 

 

怖かったお話

 

一度怖かった事があって、当時マンションに住んでいたのですが、ベランダの手すりを犬が歩いていたことがありました。

 

二、三件離れた部屋の犬だったのですが、飼い主はベランダの鍵をかけずに出かけたそうです。

 

ベランダにエアコンの室外機が置いてあるのですが、そこに登って、手すりを渡っていたのです。

 

部屋・・・三階ですよ・・・びっくりですよね。

 

いきなり声をかけて外側に落ちても困るし、我が家の犬が吠えて、びっくりしたりして落ちても困るしと、どうしようかと考えました。

 

とりあえず我が家の犬を見えないように他の部屋に移し、静かにベランダを開けて「おいで」と言ってみました。

 

その時の私の心臓はバクバクですよね。

 

少しでも、足を滑らせたらと思うと、犬が自然に部屋に戻るのを待とうかとも思ったのですが、そんな場合でもないと思いゆっくりと静かに声をかけました。

 

幸い、犬も我が家のベランダに降りてくれたので、部屋の中に入れてご飯と水を与えて飼い主が戻ってくるのを待って無事返せました。

 

もし、声をかけた事によって落ちてしまったらと思うと・・・

 

長くなってしまいましたが留守番をさせる時は本当に気をつけましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

後々まで考えておく

 

最後に、一人暮らしでの犬の飼い方としてお願いしたい事は、「自分が万が一いなくなったら」の事を考えて、犬の受け入れ先を確保しておいて欲しいです。

 

病気や怪我などで、長期入院する事も絶対ないとは言い切れませんよね。

 

最悪、自宅に帰れなくなったら、犬はどうなるでしょうか。

 

一人暮らしでの犬の飼い方として、まず、犬を飼う前にここから始めて欲しいと思います。

 

何とかなるだろうは無しですよ。

 

何ともならない場合もあるのです。

 

万が一自分がいなくなっても、犬は幸せに生きていく権利があります。

 

飼い主は、犬の幸せを守る義務があるのです。

 

不幸な道をたどらないようにそれだけはお願いします。

 

途中、すごく長い話になってしまいましたが、本当にこういう事もあるので、最大限の注意をしてあげましょうね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

⇒犬の飼い方でアパートで飼う上で3つの絶対に注意すべき要素とは?

⇒犬の玄関での飼い方!注意すべき2つのポイントとは?

⇒室内での犬の飼い方!最初に注意すべき3つの事とは?

⇒犬の飼い方!ベランダで飼う場合に注意する事とは?

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す