あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬と猫の飼い方の違いとは?自分はどちらを飼うのが向いているか?

犬 猫 飼い方 違い01.1

 

ペットを迎える際、犬と猫で悩む方も多いと思いますが、犬と猫では飼い方もしつけ方法も違いますよね。

 

中には、犬も猫も飼われている方もいらっしゃいますが、それぞれの飼い方の違いはあると思いますし、飼い方が同じような部分もあると思います。

 

今回は、犬と猫の飼い方の違いを書いてみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

犬と猫、どちらを選ぶ?

 

犬 猫 飼い方 違い01.1
出典:www.huffingtonpost.com

 

私の場合は、犬しか飼おうとは思わないのですが、決して猫も嫌いではありません。

 

私の息子も犬も猫も好きで、両方から好かれるのですが、我が家の愛犬と暮らしているうちに、すっかり犬にはまってしまいました。

 

その犬や猫の性格もありますが、犬は人と遊んだりなでられたりするのが大好きですよね。

 

留守番の後のしっぽがちぎれんばかりに振って、お出迎えしてくれる姿など犬ならではだと思います。

 

猫は、どちらかと言えば、気が向いた時に触ってもらいにきたり、あまり人にべたべたはしないと思いますが、その分甘えに来られれば嬉しいですよね。

 

普段の生活や、飼い方などを考えた上で、自分にとって飼いやすい方を選ぶのもいいですね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

犬と猫の飼い方の違いとは?

 

犬の飼い方は、他の記事でいろいろと書いていますので、そちらの方を参考になさってみて下さい。

 

猫の場合は犬の飼い方と大きく違う部分を、書いてみたいと思いますが、まずは、室外で飼うことはないですよね。

 

基本的に、室内での飼い方のみとなると思います。

 

犬はお留守番があまり好きではありませんが、猫はお留守番がわりと平気なのも大きな飼い方の違いですね。

 

お散歩もする必要もありませんので、忙しい方には向いているかもしれませんね。

 

トイレのしつけも、犬はトイレを覚えさせるのが大変な場合もありますが、猫はトイレを用意してあげれば、問題なくそこの場所でしてくれますし、犬みたいにお座り・お手なども教える必要がありませんので、しつけも楽だと思います。

 

私の知り合いの家では、犬と猫の両方を飼っているのですが、どちらも室内で一緒に過ごしています。

 

小さい頃から一緒にいるので、けんかをする事もなく、お互い自由に生活しています。

 

ですが、途中からどちらかを迎え入れる場合には、やきもちを焼く場合もありますし、相性の問題も出てきますので、先に飼われている方の性格なども考慮して、迎え入れたほうがいいかもしれませんね。

 

我が家の愛犬は、近所の猫とも気軽に仲良く出来ますが、一緒に遊ぼうとあまりにもしつこいので、猫に嫌がられたりします。

 

けんかになったり、怪我をしたりはしないのですが、だいたい猫の方が愛犬の手の届かない場所へ避難していますよ。

 

犬の場合には、床のものなど下方面を気をつけなければいけませんが、猫の場合は高い場所も気をつけなければいけませんね。

 

以前、知り合いの猫が、高い場所においてあったお花を食べてしまって、あわてて病院に連れて行った事がありました。

 

犬なら高い所は安全なのですが、猫の場合にはカーテンなどにぶら下がって爪などが引っかかって、降りれなくなる猫もいるそうですし、高い所に上って物を落としたりもしますので、注意する場所が増えると思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

他にもまだまだ飼い方の違いはありますよ

 

犬と猫の飼い方の違いは、他にもまだまだありますし、かかる病気の違いなどもありますが、大まかな部分だけ書いてみました。

 

どちらを飼うにせよ、注意しなければいけない事はたくさんありますし、また、楽しい事もたくさんありますので、じっくりと考えてご自分に合う方を飼われてみて欲しいと思います。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

           

コメントを残す