あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のペット保険の選び方!愛犬を不幸にさせないために考える事とは?

ペット保険 選び方01.1

 

ワンちゃんを飼われている皆様は、愛犬のペット保険の選び方は、何を基準にしているでしょうか。

 

ペット保険は、結構新しく出ていますので、選び方がわからない方も多いと思います。

 

保険会社によって、愛犬のペット保険の内容・選び方も変わってくると思いますので、今回はペット保険の選び方について書いてみようと思います。

 

			

スポンサードリンク






 

ペット保険の会社はどのくらい

 

ペット保険 選び方02.1
出典:aboutgoldenretriever.com

 

犬向けのペット保険を取り扱っている会社は、ネットで調べただけでも、10社以上あります。

 

ペット専門の保険会社から、生保や社保なども扱っている会社などもあります。

 

会社によって、ペット保険の内容や金額も様々で、簡単には選べないかなとも思いますが、何社か見積もってみて見比べながら、必要な保障内容や金額を比較しながら、選んだほうがいいですね。

 

 

ペット保険はどう選べばいいのか

 

まずは、ペット保険に加入しようと思ったら、一番初めに保障内容と金額を考えると思います。

 

保障内容や金額については他の記事で書いていますので、ここでは書きませんが、保険会社によって、保障内容・金額・プランは様々ですよね。

 

ペット保険に加入する時期も選び方の基本になりますね。

 

小さい間だけ加入したいのか、シニアになってから加入したいのか、または、家に迎え入れてからずっとペット保険に加入していたいのかでも選び方は変わってきますね。

 

ですが、犬を飼っている方はご存知だと思いますが、いつ病気や怪我をするかは分かりませんよね。

 

なるべくなら、ワンちゃんを向かい入れた時から犬のペット保険に加入することが良いと思います。

 

また、保険会社によって、ペット保険に加入できる年齢・加入できる期間が違ってきます。

 

小さいうちにと考えていても、入りたい保険会社がその年齢に対応していなければ加入できませんし、シニアになってから加入したいと思っても、加入可能な年齢が過ぎていれば加入できない場合もあります。

 

ですから、犬向けのペット保険を取り扱っている会社も何社かありますので、どこが自分のペットに合っているのかも考えなければいけなくなります。

参考

⇒犬のペット保険は何歳から何歳まで加入できるのかを徹底検証!

 

人間でも同じなのですが、いざという時に保険が使えないでは困りますので、信頼できる保険会社を選びたいですね。

 

 

スポンサードリンク





 

 

ペットの病気によっての選び方

 

ペット保険といいましても、全てのペットが対象になる保険もありますが、犬に対して手厚い保険会社もあります。

 

犬であれば種類によって、かかりやすい病気やなりやすい怪我なども違ってきますので、それらも考えた上で保険会社を選ぶことも大切ですね。

 

我が家の愛犬は気管支が弱いのと、骨折・脱臼をしやすい犬種といわれています。

 

確かに以前同じ犬種を飼っていた時には、高いところから降りたりすると足を痛めたり、骨折も1度したことがあります。

 

幸い、今の愛犬は細い足とは裏腹に、骨は丈夫で助かっていますが、気管支は弱く子犬の頃から、水を飲んだだけでむせてしまったり、少し興奮するとせきをしたりしていました。

 

今でも気管支は弱く、あまり興奮させないようにしてはいますが、そういう場合でも、ペット保険の対象になる会社と、対象にならない会社もありますので、ペット保険の選び方はよく考えないと無駄になってしまいますね。

参考

⇒犬のペット保険の内容とは?選ぶ時のポイントを徹底解説!

 

同じ犬種でも、1匹ずつ性格も違うように、いくらかかりやすい病気・怪我と言っても、必ずしもなるわけではありませんが、ある程度は飼われている愛犬ののかかりやすい病気・怪我なども考えた上で、無駄のないようなペット保険の選び方をしていただきたいなと思います。

 

ペット保険は乗り換えが効きますので、初めに入っていた保険がご自分の愛犬に合わないと感じたら、見直してみるのもいいですね。

 

 

病気や怪我をする前に選んでおきましょう

 

我が家の子は大丈夫と安心していても、いつどんな病気や怪我をするかわかりませんので、そうなる前にペット保険を考えていたほうが安心かもしれませんね。

 

保険ですので、病気や怪我をしてから保険に入るのは難しいと思います。

 

ですが、本当に軽い程度の通院であれば、通院中に加入できる保険会社もあるみたいですが、だいたいの保険会社は、通院中であればペット保険の加入はできなくなってしまいますので、注意する必要がありますね。

 

 

ペット保険の選び方の基準は以外に難しい

 

今まで書いたように、ペット保険の選び方は決して簡単ではありませんよね。

 

大切な家族の安心の為の保険ですので、ゆっくりと慎重に考えた上で、選んでいただきたいと思います。

 

とは、言ってもあまり考えすぎると選べなくなってしまいますので、保障内容・金額・加入期間などを目安にいざという時に役立つ選び方をしていただきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク





 

 

犬のペット保険関連記事

 

⇒犬のペット保険の必要性とは?飼い主が愛犬と一生付き合うためには?

⇒犬のペット保険の保険料とは?犬種や予算からプランは考えよう!

⇒犬のペット保険の内容とは?選ぶ時のポイントを徹底解説!

⇒犬のペット保険は何歳から何歳まで加入できるのかを徹底検証!

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はこちらです

           

コメントを残す