愛犬のご飯の食べ方

我が家の愛犬の、主食はシーザーというトレイタイプのご飯です。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%91

 

幼犬の頃からシーザーオンリーで、他のご飯はあまり食べたことがありません。

 

ドライフードもあげるのですが、たまにしか食べないので、試供品のサイズでしばらく持つのですが、1袋で買ってしまうとなかなかなくならないので、結局無駄にしてしまったり、友人の家で飼っている犬にあげたりしています。

 

			

スポンサードリンク






 

シーザーは年齢別に分かれていて、味もビーフやささみ、野菜などが混ざったタイプなど数種類出ているのですが、愛犬のお気に入りは、ビーフ味とビーフ&まぐろ味です。

 

他のもあげてみたことがあるのですが、今ひとつ食いつきが悪く、結局は同じ味に戻ってしまうのですが、多分こんな食べ方をする犬はいないんじゃないかなという食べ方があります。

 

普通にお皿にあけてあげて、食べやすいようにほぐしてあげるのが一般的だと思うのですが、我が家の愛犬はなぜか、お皿に出してあげると食べなくなってしまいます。

 

もともと、食が細い子なのですが、シーザーをそのまま愛犬に渡すと、銜えて自分の好きな場所に持っていって、しばらくそのまま放置状態になっています。

 

自分がお腹が空いた時に、思い出したように置いてある場所に取りに行って、自分の好きな場所で食べ始めるのですが、初めから蓋を開けてあげるとまた、食べなくなってしまう不思議なくせを持っています。

 

愛犬がしばらく蓋を舐めていて、自分で開けようとする時に、開けてあげると食べてくれるという食べ方をしています。

 

多分、幼犬の時になかなか食べてくれなくて、お腹が空いたら食べるだろうと放置しておいてから、そういう食べ方になったような気もしますが、蓋をかじって開けるのはいいのですが、万が一怪我でもしたら大変なので、愛犬の様子を見ながら開けるようにしています。

 

おかげで、夜中に食べ始めようとすれば、いちいち起きて開けてあげなければいけないので、結構めんどくさいのですが、私のくせのつけ方が悪かったんだなと、諦めています。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91%ef%bc%92

 

あまり食べ過ぎる子も、大変だとは思いますが、なかなかご飯を食べてくれない子に食べさせるのも、結構大変な思いをします。

 

何でもいいから、とりあえず食べてくれるのをあげてみるのですが、初めのうちはかなり無駄にしてしまいました。

 

今ではもう、ある程度食べそうなのと食べないのが分かるので無駄にする事も減りましたが、とりあえず痩せたりはしないので大丈夫かなと思っています。

 

こんな変な食べ方をするのは、我が家だけでしょうが、皆様のご家庭でも変わったくせをお持ちの愛犬はいるのでしょうね。

 

 

我が家の愛犬エッセイ

 

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒人間ですか?

⇒尻尾が痛い

⇒実家の犬達との関係

⇒飼い主は踏み台!?

⇒苦手なもの

⇒愛犬と息子

⇒とれないの・・・

⇒大好きミルくん

⇒やきもち焼き

⇒シンクロ?

⇒飼い方、しつけの仕方の目次はコチラです。

 

 

           

コメントを残す