愛犬と息子

我が家の愛犬は、夜に寝る時は常に私と一緒の布団で寝ています。

 

夏場は、暑くなれば布団からいなくなり、涼しい場所を探して寝ていることもありますが、夜中に何度か布団に戻ってきます。

 

たまに、寝返りをうってつぶしそうになって、気がつくことが多く、機嫌が悪い時には怒られることもしょっちゅうです。

 

			

スポンサードリンク






 

冬場は寒いので、布団の中に潜って寝ているのですが、暑くなれば顔だけ出して寝ていたり、いったん違う場所で寝て、また寒くなれば戻ってきたりを繰り返しているので、せっかく温まったのに一瞬すごく寒くなり、何度か起こされてしまいます。

 

思えば、愛犬が来てから夜中にぐっすり眠ったことがないような気もしますが、やっぱり愛犬がいないと落ち着かなくて眠れなくなってしまいます。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

 

息子が休みの時は、息子にべったりくっついて、ずっと触ってと要求したり、一緒に寝ていたりするらしいのですが、私が仕事から帰ってきた途端に、息子の事は忘れ去ってしまい、私と仲良くしている時に息子が部屋に入ってきただけで、ものすごい勢いで怒ったりしています。

 

それでも、とてもかわいいらしく、溺愛している息子を少しばかり尊敬してしまいます。

 

とは、いっても、息子が留守の時はずっと玄関の方を見ていたり、キッチンで息子が帰ってくるのを待っていたりしますし、出張などで帰ってこない時は、寂しがってしょうがないのですが、どうやら家の中に息子がいるだけでいいらしく、今だに愛犬と息子の関係性がよくわかりません。

 

幼犬の時のしつけなどは、ほぼ息子が教えていたので、お手やお座りなどは息子の言うことはしっかり聞くのですが、ご飯を食べた後に必ず顔を拭くのですが、なぜか自分の寝場所の私の布団では拭いたことがなく、必ず息子の部屋の息子の布団にいって、顔を拭いています。

 

毎回、洗濯も大変なのですが、なぜか顔はそこで拭く事になっているみたいなので、仕方がないかなとあきらめています。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

 

家に迎え入れた時から、さんざん息子に甘やかされて育ってしまったので、何をしても何があっても、息子は自分を守ってくれると覚えてしまったようで、かなり困り者ですが、息子もそれでいいらしいので、このよくわからない関係性が変わる事はないんだろうなと思います。

 

シニアになっても、いつまでも甘えん坊な愛犬は、息子という絶対的な味方がいて幸せなんだろうなと思いますが、もう少し息子に対する態度を改めてもいいんじゃないかなという気もしますが、息子がいいのならいいんでしょうね。

 

 

我が家の愛犬エッセイ

 

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒人間ですか?

⇒尻尾が痛い

⇒実家の犬達との関係

⇒飼い主は踏み台!?

⇒苦手なもの

⇒とれないの・・・

⇒大好きミルくん

⇒やきもち焼き

⇒シンクロ?

⇒愛犬のご飯の食べ方

⇒飼い方、しつけの仕方の目次はコチラです。

 

 

           

コメントを残す