苦手なもの?

我が家の愛犬にも、一応苦手なものがあります。

 

1番苦手なものは、雷です。

 

小型犬は結構、雷や花火の音を怖がる子が多いと思いますが、先代のポメラニアンや実家で飼っていた犬は、あまり怖がらなかったような気もしますが、今の愛犬は遠くで雷の音がなっただけで、急にソワソワし始めてしまいます。

 

			

スポンサードリンク






 

私も、雷の音は苦手だったのですが、愛犬を迎えて以来、あまりにも愛犬が怖がるので、「大丈夫だよ」とか、「怖くないよ」と抱っこしてあげて安心させてあげなければいけなくなったので、いつの間にかあまり怖くなくなってしまいました。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92%ef%bc%91

 

雷が光っただけでも、急に耳をピンと立てて、キョロキョロし始めて、すごく遠くで雷の音がなっても、もう落ち着かなくなってしまい、部屋中ウロウロし始めます。

 

押入れの奥に入ったりして、音が聞こえないような場所を探すのですが、最後には私の所に来るので、抱っこして落ち着かせようとするのですが、抱っこされてても震えている時があります。

 

運悪く、我が家の近くに避雷針があるので、たまにドンと落ちる事があるのですが、そうなってしまったら、もう怖くて怖くて仕方がなくなってしまい、すごく不安そうな顔になってしまいます。

 

いくら声をかけても、全然耳に入らなくなるので、抱っこしたまま歩いたりして、愛犬の気を紛らわせてあげなければいけなくなります。

 

他にも、風の音も苦手で、強風が吹き始めると落ち着かなくなってしまいますが、雷の音よりはましみたいで、抱っこしてあげれば落ち着いてくれます。

 

私が家にいる時はいいのですが、仕事でいない時などは、すごく不安がっているだろうなと思いながらも、すぐに帰ってあげれないのが辛いですが、その分家に帰ってからいつも以上にスキンシップを取るようにしています。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92%ef%bc%92

 

いつもは勝気な愛犬ですが、あまりにも不安そうにブルブル震えるので、たまにおかしくなってしまいます。

 

でも、愛犬にとっては物凄い恐怖なんだろうなと思って、笑いをこらえながら一生懸命なだめていますが、音が聞こえなくなれば、またすぐにいつもの勝気な愛犬に戻っています。

 

でも、何か1つくらいは、怖いものがあってもいいのかなとも思いながらも、やっぱり怖い思いはさせたくないなと思ってしまいますね。

 

 

我が家の愛犬エッセイ

 

⇒自己紹介

⇒我が家の愛犬紹介

⇒人間ですか?

⇒尻尾が痛い

⇒実家の犬達との関係

⇒飼い主は踏み台!?

⇒愛犬と息子

⇒とれないの・・・

⇒大好きミルくん

⇒やきもち焼き

⇒シンクロ?

⇒愛犬のご飯の食べ方

⇒飼い方、しつけの仕方の目次はコチラです。

 

 

           

コメントを残す