あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

犬のトイレのしつけ期間が犬によって違う重要な5つの理由とは?

 

犬を家に迎えて、何より先に覚えて欲しいのがトイレのしつけだと思いますが、しつけをする期間は、大切ですよね。

 

犬のトイレのしつけは大変な部分も多いですが、お互いに楽しく生活していく為に期間を決めてしっかりと覚えさせて行くことは非常に重要です。

 

今回は、犬のトイレのしつけをするおおよその期間について、一緒に見て行きましょう。

 

			

スポンサードリンク






 

犬のトイレのしつけをする期間とは?

 

 

トイレのしつけは、人間と犬が一緒に暮らす上では、衛生状態や健康上の理由から、非常に重要な事はご理解いただけると思います。

 

糞食やご自宅、犬小屋周辺が不衛生になると愛犬はもとより飼主さんにも病気にかかる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

ただ、犬によってトイレを覚える期間はまちまちになってきますので、早い子では1か月、遅い子では半年以上とかなり違いが出てきてしまいます。

 

愛犬が情けないと思わずに、犬種や環境、オスメスの違いでも期間が変ることも頭に入れておきましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

犬の年齢

 

犬にトイレのしつけを覚えさせる上では、子犬ほど覚えることは早いですが、成犬になると、いちど染みついた習慣は中々直せないものです。

 

 

大きくなってから譲り受けた場合や、保護したワンちゃんは、子犬と違いしつけの期間は長くなりますが、必ずあなたの愛情があれば、覚えてくれます。

 

我が家で飼っていた愛犬は、ある程度大きくなってから迎え入れたので、始めのうちは失敗ばかりしていましたが、あまり期間を気にせずに、根気よく教えた記憶があります。

 

犬のトイレのしつけは、根気と忍耐が必要になってきますので、あまり期間などは気にせずに、気長にがんばってしつけをしていきましょう。

 

 

犬種によるトイレのしつけの期間の長さとは?

 

犬種によっても、トイレを覚える期間が違ってくることはご存知ですか?

 

遠い祖先の遺伝子を引き継いでいる純血種に近いワンちゃんほど、その差が出やすくなります。

 

以下の犬種は、トイレトレーニングにかかる期間がかなり違ってきますので、チェックしてください。

 

【トイレを覚えやすい犬種】

各種プードル、シーズー、ビション・フリーゼ、コーギー、

ラブラドール・レトリーバー、シェットランド・シープドッグ、コリー、

ジャーマン・シェパードなど

 

【トイレを覚えにくい犬種】

ダックスフンド、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、ビーグル、ペキニーズ、

チャウチャウ、バセット・ハウンド、シベリアン・ハスキー、ダルメシアンなど

 

 

 

環境によってもしつけ期間が違う!?

 

室内外にしている場合、一人暮らしの愛犬家さんや普段昼間に家を留守にしがちな方には、トイレのしつけ期間はかなり長くなってしまいます。

 

しつけ期間中に愛犬がトイレを上手にできても、家に誰もいなくて、褒めてくれなかったりすると、中々覚えてはくれません。

 

家に人がいても、トイレの環境が悪かったり、褒めてくれない時も当然覚える期間は長くなってしまいます。

参考

⇒犬のトイレトレーニングを早く覚えさせる為の5つのやり方とは?

⇒犬のトイレを外でするようにしつけをする方法と良い面と悪い面とは?

 

また、外飼いの場合、散歩の時間もまちまちだと、当然ながらトイレのしつけ期間も長くなってしまいます。

 

 

反抗期

 

犬の反抗期は、飼い主と愛犬との主従関係がはっきりしない事や、立場が変わっているかと思われた時に現れます。

 

特に成犬を保護した場合や、譲り受けた場合には、元の飼主さんが恋しくて、反抗的な立場になったり、あなたやあなたの家族をご主人様と考えていない時にはトイレを覚える期間は長くなってしまいます。

 

まずは、主従関係の構築から始めますので、しつけには時間がかかってきてしまいます。

 

 

オスメスの違い

 

メスの場合オスと違い、ヒート(発情期)の時はトイレが上手くいかなくなることが多くあります。

 

その期間は、本能的な行為ですので、トイレトレーニングをしても覚えることは難しくなります。

 

犬の避妊をさせないという考えの方は、この辺りは注意しておきましょう。

 

 

いつ、しつけをする?

 

犬のトイレのしつけに必要な期間は、気にせずにとは書きましたが、やはり家に迎え入れたらすぐにしつけを開始するようにしましょう。

 

初めにしっかりと教えないと、それだけ覚える期間も長くなってしまいますし、「どうして今更?」って犬も不思議に思ってしまいますよね。

 

外で飼うにせよ、室内で飼うにせよ、犬を迎え入れたその日から、トイレの場所などはきちんと決めて、優しくしつけをしていきましょう。

 

 

スポンサードリンク





 

 

まとめ

 

犬のトイレのしつけをする適切な期間について書いてみましたが、愛犬の性格をしっかりと理解して、その子に合ったやり方で、優しく根気強く気長に教えてあげていって欲しいと思います。

 

なかなか覚えてくれない子でも、いつかは必ずトイレのしつけは終わりますので、その日まで頑張って下さいね。

 

 

あなたは、93.3%が継続したいと回答した、愛犬が元気で健康に暮らせる安心・安全なドッグフードをご存知ですか?

⇒【愛犬が元気で健康に過ごせる!】安心、安全なお勧めドッグフードランキングはこちらです!

 

 

関連記事

 

⇒子犬のしつけ!トイレトレーニングの方法とやってはいけない事とは?

⇒犬がトイレをきちんとしない時のしつけの5つの正しい直し方とは?

⇒犬のしつけ!トイレを成犬で覚えさせるコツとは?

⇒犬のしつけ!トイレを外でする時に覚えさせることと注意点とは?

⇒犬のしつけ用トイレスプレーの効果と自作のスプレーの作り方!

⇒自己紹介はコチラです

⇒我が家の愛犬紹介

⇒目次はコチラです!

 

 

           

コメントを残す